光化学スモッグってどんなもの?子供に与える影響について

「光化学スモッグ注意報が発生されました・・・」

という街に流れるアナウンスを聞いた覚えがある人は、
結構いるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

1970年代から、猛威をふるった光化学スモッグ。
その後、1980年代からは減少傾向にあったのですが、
今また、光化学スモッグが増えてきているというのです。

  • 光化学スモッグとは
  • 子供は特に要注意
  • 光化学スモッグの健康被害は?
  • 注意法が発令されたら
  • 予報、注意報、警報について

これらについて見ていきましょう。

MOK_kemuriwohukukoujyou500-thumb-750x500-1165

 

光化学スモッグとは

 

工場の煙や、自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物が、
紫外線で光化学反応をおこし、光化学オキシダントやエアロゾルという、
有害物質を発生し、白いスモッグがかかることをいいます。

 

子供は特に要注意

 

光化学スモッグがおこると、子供に影響を与えることが多く、
体調不良を訴えるのは、ほとんどが小学生、中学生の子供なのだそうです。

それは、外で運動したり、運動により、大気中の汚染物質を吸い込むことから、
症状が子供に多く出るのではないかと言われています。

スポンサードリンク

 

光化学スモッグの健康被害は?

 

光化学スモッグによって起こる体調不良は、
目がチカチカする、目が痛い、目がごろごろする、涙が出る。
喉が痛くなる、咳が出る。
息苦しさを感じる。
症状がひどくなると、頭痛、手足のしびれ、めまい、発熱、嘔吐など。

アレルギーや、喘息、気管支炎、甲状腺の持病がある場合は、
持病が光化学スモッグによって、ひどくなることもあります。

 

注意法が発令されたら

 

光化学スモッグ注意報が発令されたら、
屋外にいる場合は、室内に退避しましょう。

症状が現れた時は、窓を閉めた部屋で、安静にしましょう。
手洗い、うがい、目を洗う、シャワーを浴びるなど、体をきれいにします。
症状が改善しない場合は、病院へ行くことをおすすめします。

 

予報、注意報、警報について

 

光化学スモッグが発生すやすいのは、4月から10月頃の日中、
気温が高く、無風の日が多いようです。

光化学スモッグの発令基準については、予報、注意報、警報、
重大緊急時警報と、順番に緊急度・危険度が高くなります。

  • 光化学スモッグ予報
  • 光化学スモッグ注意報
  • 光化学スモッグ警報
  • 光化学スモッグ重大緊急時警報

それぞれ見ていきましょう。

 

光化学スモッグ予報

注意報の発令基準の程度に、汚染するおそれがあると予測した時

 

光化学スモッグ注意報

光化学オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上になり、
気象条件からみて、その状態が継続すると判断された場合

 

光化学スモッグ警報

光化学オキシダント濃度の1時間値が0.24ppm以上になり、
気象条件からみて、その状態が継続すると判断された場合

 

光化学スモッグ重大緊急時警報

光化学オキシダント濃度の1時間値が0.4ppm以上になり、
気象条件からみて、その状態が継続すると判断された場合

これらが発令されてもあせらずに対応しましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ