胸に水がたまる胸膜炎。原因と治療方法は?

「胸膜炎」という病気をご存知でしょうか。

あまり聞きなれない病気ですが、
その昔は「肋膜炎(ろくまくえん)」と呼ばれていたので、
それを聞いて、ああ!と思う人もいるかもしれません。

スポンサードリンク

胸膜炎というのは、胸膜に炎症が起こる病気で、主な症状としては、
胸の痛みや、胸に水がたまるなどです。

胸膜というのは、2つの膜から形成されていて、
肺を覆う臓側胸膜(ぞうそくきょうまく)と、
胸壁、横隔膜(おうかくまく)、縦隔(じゅうかく)、心臓をおおう
壁側胸膜(へきそくきょうまく)からなっています。

OZP73_u-nkonoteidoiryou20140321500-thumb-900x600-4585

 

胸膜炎の症状と原因

 

胸膜炎のほとんどは、がん・結核・肺炎などの後に発症することが多い
病気になります。(続発性胸膜炎と呼ばれます)

胸膜は、臓側胸膜と、壁側胸膜の2つの胸膜よりなっていると書きましたが、
この2つの胸膜の中に「胸腔」という部屋があります。
ここには普段、5~10mlぐらいの少量の液体(胸水とよばれます)が貯まっています。
通常は、臓側胸膜から再吸収されるので、胸腔は一定量の胸水を保っています。

スポンサードリンク

肺など、ここに隣接した臓器が病気になったことで、胸膜にも炎症がおきます。
そうなると、胸水がうまくバランスを保てなくなり、胸にたまっていきます。

肺炎や、結核、ガンなどから、胸炎になっていくものも多いです。
感染症、外傷、心不全、肝不全、肺血管の血栓(肺塞栓症)などが原因になります。

胸膜炎のはじめの自覚症状は、息切れ、咳や、深呼吸をした時に、胸の痛みを感じる。
原因により、発熱や痰を伴わない咳が出る場合もあります。

胸水が増えてくると呼吸困難を感じるようになります。
胸水が貯まっていて、まったく自覚症状がないこともあるそうです。

 

治療方法

 

病院での診断は、胸部X線検査、CT検査、胸水の検査で判断します。
胸水の検査は、針を刺して、胸水を採取して調べることもあります。
胸水の量が多い場合は、胸部にチューブを挿入して抜き取ります。

胸水の量が多く場合、胸水を抜き取る処置をすることがあります。
胸腔穿刺(きょうくうせんし)という細い針を用いて胸水を抜き取ります。

胸水の量が多い場合は、胸腔チューブという管を胸壁から挿入して、
水を抜き取ります。

胸膜炎の原因は、別の病気からきていることがほとんどなので、
まずはその原因を知り、的確な治療をしなければ、
胸膜炎のほうも改善することがありません。

胸に水が貯まっている場合は、安静が必要になります。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ