冷夏とは何度のこと?どんな影響があるの?株価とも関係が?

「今年は冷夏だ!」
なんて言葉は聞いたことありませんか?

スポンサードリンク

その年によって聞くことがあると思います。
ですが、夏が終わると、

「今年は猛暑だった。」

と結局暑かったということも多々あります。

YAM85_sukitooruokinawanoumi500-thumb-900x600-4440

 

冷夏とは?

 

そもそも冷夏とは何なのでしょうか?

冷夏とはその名の通り比較的涼しい夏のことです。
6~8月の平均気温が低い夏が冷夏と呼ばれます。

平均気温とは30年程度での平均のことです。
いつもより大幅に温度が低いわけではなく、
0.1~5℃くらいの範囲で低くなる程度です。

例えば、平均気温が27℃だったのが25℃だったから冷夏だ!
みたいなかんじですね。
(これはあくまでも例です。)

スポンサードリンク

こう考えると、

「今年は冷夏だから涼しいぞー!」

と感じることはあまり多くはありませんね。

 

冷夏の原因って?

 

エルニーニョ現象って聞いたことありますか?
このエルニーニョ現象が冷夏の原因にもなります。

では、エルニーニョ現象とは何なのでしょうか?

簡単に説明すると、エルニーニョ現象とは南半球の暖かい地域で
海水の温度が高くなることが続く現象です。
それによって、世界各地で異常気象が起きるのです。

つまり、冷夏は異常気象の一種と考えられるということです。

 

株価に影響するの?

 

冷夏になると、
一般的に夏服、エアコン、扇風機などが売れなくなります。
さらに、冷たい飲食物も売れません。

こうしたことから株価に影響があると言われています。

株価だけではなく、経済全般に影響が出てきます。
米や野菜も育たなくなり、不足するという事態になります。

こういったことは自然の異常気象によることなので、
なんともできないところが難しい問題ではあります。

気象庁では3ヶ月予報などを発表しています。
また、天気予報もいつもチェックするようにしましょう。

冷夏と言われても結局夏は暑いんですけどね(笑)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ