盛夏の候の意味とは?時期はいつ?何月のことなの?

「盛夏の候」
これは時候の挨拶で使われる言葉です。
読み方・意味・時期などについて見ていきます。

スポンサードリンク

YAM85_sukitooruokinawanoumi500-thumb-900x600-4440

 

盛夏の候の読み方・意味・時期

 

「盛夏の候」は「せいかのこう」と読みます。
盛夏とは夏の一番暑い時期のことであり、
梅雨明け後の本格的な夏のことを指します。

盛夏の候という言葉が使われる時期は”7月”です。
梅雨が明けてから暑くなる時期に使う言葉です。

スポンサードリンク

意味はお伝えしたとおり夏の暑い時期のあいさつの頭語です。

 

「盛夏の候」を使った例文

 

「盛夏の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。」

手紙のあいさつでこのように使われることが一般的とされています。

 

その他の7月の時候の挨拶

 

盛夏の候以外にも7月の時候の挨拶には、

といった表現があります。
また、

  • 暑さきびしい折、くれぐれもご自愛ください
  • 暑熱耐え難きこの頃、みなさまのご健康をお祈り申し上げます
  • 時節柄、夏の暑さに負けないようどうぞお体に気をつけて下さいませ。

これらのようなあいさつの表現があります。
参考にしてみてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ