靴ずれの原因と対処法!水ぶくれを防止するために!

「痛っ!」

新しい靴や普段慣れない靴を履くと起こる靴ずれ。
一度靴ずれが起こると、もう歩くのがしんどくて仕方なくなります。

スポンサードリンク

N934_bu-tuokiba500-thumb-590x500-1863

ここでは、

  • 靴ずれの原因とは?
  • 靴ずれの対処法
  • 靴ずれで水ぶくれができた時の対処法は?

これらのことについて見ていきます。
靴ずれの対策のためにも確認しておきましょう。

 

靴ずれの原因とは?

 

慣れない靴で長時間歩くと、足と靴が摩擦する回数が増えます。
この摩擦が激しく行われることが靴ずれの原因となります。

靴ずれはスニーカー、ヒール、サンダルとどんな種類の靴でもなるものであり、
履きなれない新しい靴を履く時になりやすいものです。

また、靴ではなく足の形に問題がある場合もあります。

  • 足の一部分の骨が出ている
  • 左右の足の大きさが異なる

こういったことが原因で靴ずれを起こしていることも考えられます。

スポンサードリンク

 

靴ずれの対処法

 

靴ずれは人によってなる箇所が異なります。
かかと、小指など靴ずれは様々なところで起こります。

対処するためにはやはり自分に合った靴を選ぶことが重要です。

かかとが靴ずれすると腫れることがあります。
腫れると余計に摩擦しやすくなります。
このような場合は腫れが治るまで余裕のある靴を履くことが大切です。

「靴選びもちゃんとしたのにそれでも靴ずれが起きる!」
という場合には、

  • 靴ずれ防止の絆創膏
  • クリーム、ワセリン
  • 靴下、ストッキング

などで対処することが必要です。

 

靴ずれで水ぶくれができた時の対処法は?

 

靴ずれで水ぶくれができた時には
無理に水ぶくれを破かないようにしましょう。

無理矢理破くと傷口が化膿してしまいます。
そうすると、痛いし治りが遅くなってしまいます。

なので、無理に破かないで絆創膏などで破れないように保護しておきましょう。

また、すでに敗れてしまっている場合は、
消毒液できれいに消毒をし、
かさぶたを作らないような絆創膏(湿潤治療の絆創膏)を貼っておきましょう。

せっかく新しい靴を履いたのに靴ずれが起きると気分が落ち込みます。
そうならないためには、これまでお伝えしたような方法で予防して、
靴ずれが起きないような工夫をしましょう。

そうすることで新しい靴での生活を楽しめますよ(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ