ウォーキングの効果は?どれぐらいの期間と時間が必要なの?

「さあ、ウォーキングを始めましょう!」
と、いきなり言われてもどのぐらい歩けばいいのかわかりますか?

スポンサードリンク

ウォーキングは気軽に始めるためにも

  • ウォーキングはどんな人におすすめ?
  • ウォーキングの効果は?
  • どれぐらいの時間・期間歩けば効果があるの?
  • いつ歩けばいいの?

といったことを確認しておきましょう。

C812_ranningucyunodansei500-thumb-750x500-2515

 

ウォーキングはどんな人におすすめ?

 

ウォーキングは体への負担が少ないので誰でも始めることができます。

  • 運動があまり得意ではない
  • ダイエットがしたい
  • 高齢者
  • 体に不調を抱えている

といった人におすすめできる運動です。

 

ウォーキングの効果は?

 

ウォーキングは有酸素運動です。
体の健康に様々な効果があります。

  • ダイエット
  • ストレス解消
  • 心肺機能向上
  • 美肌・美容効果

などの効果があります。
それぞれ簡単に見てみましょう。

 

ダイエット

有酸素運動によって脂肪が落ち、筋肉がつくので、
健康的に痩せることができます。

また、脂肪が分解され、エネルギーとなることで、
血糖値が上昇するので、空腹感を感じなくなります。

その結果、食事の量を抑えることができるので、
より効果的にダイエットをすることができます。

 

ストレス解消

運動によってストレスを解消することはよく知られていることです。
ウォーキングも有酸素運動の一種です。

ランニングほどの爽快感・充実感は得られないかもしれませんが、
ある程度の爽快感・充実感は得られます。

スポンサードリンク

この爽快感・充実感がストレス解消につながっているのです。

 

心肺機能向上

有酸素運動によって心肺機能が鍛えられます。
心肺機能が向上することで、

  • 体が疲れにくくなる
  • 体が軽く感じる

といった効果があります。

 

美肌・美容効果

ウォーキングで汗をかくことで、体内の毒素を排出する効果があります。
その結果、肌がキレイになるという美肌効果が期待できます。

 

どれぐらいの時間・期間歩けば効果があるの?

 

ウォーキングをする時間は1日に30分程度以上歩くことをおすすめします。
運動開始から20分で内蔵脂肪や皮下脂肪が燃焼します。
こうしたことから、だいたいこれぐらいの時間が1つの目安となります。

毎日歩くことで1週間に3時間30分以上歩くことになります。
これぐらい歩けば、健康には効果が期待できます。

ただ、1週間に1回だけこのぐらいの時間歩けばいいかというと、
そうではありません。
あくまでも、日々少しずつでいいので継続することが効果的です。

どれぐらいの期間継続することが必要かというと、
最低でも3ヶ月以上は継続することをおすすめします。

先ほど挙げたような効果を期待するためにはこれぐらいの期間が必要です。
個人差はありますが、あまりにも短い期間では効果は期待できません。

 

いつ歩けばいいの?

 

朝起きて、ご飯の前に歩くのがおすすめ!
と、言いたいところですが、
朝早くから会社に行かなければならない人はこれでは大変です。

なので、会社帰りに最寄り駅のひとつとなりの駅で降りるなどをすれば、
わざわざウォーキングの準備をする手間もかからないのでおすすめです。

会社帰りの時間にはお腹が空いていることだと思います。
その時間に歩くことで、先ほどもお伝えしたとおり血糖値が一時的に上昇するので、
過剰な食欲を抑えることができます。

 

ここまでウォーキングについて見てきました。
「さあ、歩くぞ!」と気合いを入れる必要もなく始められるものです。

健康に気を使おうと考えているなら運動は必要です。
ランニングは苦手だという場合はまずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ