初盆とは?香典の金額は?お供えや提灯についてもチェック!

初盆とは一体どういう意味があるのでしょうか?
香典・お供え・提灯などいろいろと関係するものはあります。

スポンサードリンク

お盆についてのことは意外と知られていないことも多いです。
ここでは、

  • 初盆とは?
  • お供え・香典の金額はいくら?
  • 初盆の提灯
  • 初盆の服装

などについて確認しておきましょう。

 

初盆とは?

 

初盆(はつぼん)とは、
亡くなって四十九日をすぎてから初めて迎えるお盆のことを言います。
新盆(にいぼん)とも言います。

四十九日をすぎていない場合は、翌年が初盆となります。

初盆は故人が亡くなってから初めてのお盆なので、念入りに供養が行われます。
お盆の法要の際には、親族以外にも親しい知人がお参りに来ることもあります。

初盆には、普通の盆提灯以外にも、初盆用の白提灯を飾ります。

 

お供え・香典の金額はいくら?

 

初盆のお供え・香典の相場は5000~10000円とされています。
香典返しは2000~3000円ほどとされています。
このあたりのことは事前に確認しておくことをおすすめします。

初盆での表書きは、

  • 仏様にお供えする物は「御供」
  • 仏様に贈るお金は「御仏前」
  • 初盆の提灯台は「御提灯代」
  • 僧侶へのお礼は「御布施」
  • 僧侶に渡す交通費は「御車代」、「御足衣料」

と書きます。

スポンサードリンク

 

初盆の提灯

 

先ほどチラッとお話しましたが、
初盆の場合は、普通の絵柄が入った盆提灯以外に、初盆用の白提灯を飾ります。
玄関、仏壇前、部屋の窓際などに設置します。

初盆用の白提灯は初盆の時だけ使い、お盆が終わったら燃やして処分します。

 

初盆の服装

 

初盆の服装は、身内だけで行う場合は地味な服装なら構いません。
どうゆう服装がいいか迷う場合は、喪服を着ておけば間違いありません。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ