猛暑の候とは?意味、時期は?

時候の挨拶で使われる言葉の「猛暑の候」
この言葉の意味や時期、どういった使い方があるのかを見ていきます。

スポンサードリンク

ppp_haretahinokumototaiyou500-thumb-750x500-380

 

猛暑の候の読み方・意味・時期

 

「猛暑の候」は「もうしょのこう」と読みます。
猛暑とは夏の大変暑い時期のことを言います。

つまり、猛暑の候とは夏の暑い時期の挨拶ということです。

ほぼ同じ意味で使われる言葉に、
炎暑の候、酷暑の候、厳暑の候などもあります。

スポンサードリンク

これらの言葉を使う時期は7月が基本です。
(一部、8月に使われることもあります。)

 

「猛暑の候」の手紙での使い方・例文

 

  • 猛暑の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 猛暑の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。
  • 猛暑の候、貴社いっそうご隆昌のことと慶賀の至りに存じます。
  • 猛暑の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 猛暑の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 猛暑の候、ΟΟ様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。

などの使い方が時候の挨拶としてあります。

また、結びとして、

  • 暑さ厳しき折り、くれぐれもご自愛下さい。
  • 暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。
  • 時節柄、お身体ご自愛下さい。

といった表現が季節的にも適した表現であります。
参考にしてみてください。

盛夏の候についてはこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ