晩夏の候・残暑の候の時期はいつからいつまで?読み方や使い方も!

「晩夏の候」、「残暑の候」これらは時候の挨拶で使われる言葉です。
それぞれ読み方、使われる時期、使い方などを見ていきましょう。

スポンサードリンク

PPS_ellyhimawari500-thumb-753x500-557

 

晩夏の候の読み方・時期

 

「晩夏の候」は「ばんかのこう」と読みます。

晩夏とは夏の終わり頃のことです。
晩夏の候という言葉を使うのは8月の中旬頃までとなります。
この時期は立秋であり、立秋の挨拶が晩夏の候です。

だいたいの目安は8月7日ぐらいから8月20日前後ぐらいです。
なぜだいたいなのかというと、年によって立秋の日が変わるからです。

 

「晩夏の候」の手紙での使い方・例文

 

晩夏の候を手紙の挨拶で使うには、

スポンサードリンク
  • 晩夏の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。
  • 晩夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 晩夏の候、貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
  • 晩夏の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 晩夏の候、皆様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 晩夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 晩夏の候、ΟΟ様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。

などの使い方があります。

 

残暑の候の読み方・時期

 

「残暑の候」は「ざんしょのこう」と読みます。

残暑の候の時期はいつからいつまでかというと、
だいたい8月7日頃から9月8日頃までです。
これも先ほどと同様の理由で”だいたい”ということになります。

残暑の候とは、”暦の上ではもう秋なのにまだ暑い”
という意味を含めた時候の挨拶の言葉です。

 

「残暑の候」の手紙での使い方・例文

 

残暑の候の手紙の挨拶で使うには、
先ほど「晩夏の候」でお伝えした
「晩夏の候」を「残暑の候」に変えるという使い方に加えて、

  • 残暑厳しき折、~
  • 立秋とは名ばかりの暑さが続いております
  • 残暑なお厳しい折柄、~
  • 立秋の頃、~

といった使い方も可能となります。

「晩夏の候」と「残暑の候」ではあまり違いはありませんが、
「晩夏の候」よりも「残暑の候」のほうが、時期が少し遅いというのが特徴的です。

残暑の候という言葉は残暑見舞いなどに使うのが適した使い方です。
使い方に迷ったなら参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ