夏バテはどんな症状?原因と対策は?

「暑い。。何なんだこの暑さは!」

夏になると暖かくて天気のいい日は気分が良い!
という反面、暑さが厳しく大変ということもあります。

スポンサードリンク

暑さが厳しくなると体調不良にもつながり、
夏の体調不良は夏バテである可能性があります。

夏バテの予防・防止するために、

  • 夏バテはどんな症状?
  • 夏バテの原因は何?
  • どうやって夏バテの対策をすればいいの?

これらのことについて確認しておきましょう。

LIG_h_senpouukisuzusi-500-thumb-716x500-3349

 

夏バテはどんな症状?

 

夏の厳しい暑さが続くと夏バテになることがあります。
夏バテには、

  • なんとなく体がだるい
  • 疲労感がある
  • 無気力状態
  • 立ちくらみがする
  • めまいがしてふらつく
  • イライラしやすい
  • 熱っぽいかんじがする
  • 食欲がない
  • 下痢や便秘が続く
  • むくみがひどい

といった症状があります。

これらは自律神経の失調が関係しています。
そのため、不規則な生活などで自律神経の調整がうまくされていない人は、
夏バテになる可能性が高いので注意してください。

 

夏バテの原因は何?

 

そもそもなんで夏バテは起きるのでしょうか?

夏の暑さの中で、人間が体温を一定に保つためにはエネルギーが必要です。
そのエネルギーの負担が大きくなると、暑さに対応することができなくなります。

すると、体に無理がきます。これが夏バテなのです。
夏バテには、

  • 水分不足
  • 栄養不足
  • 自律神経失調

これらが主な原因として考えらています。

 

水分不足

どんな人でも夏には汗をかくと思います。
汗は体温調節のためには必要なものです。

この汗をかくには水が必要です。
大量の汗をかいて、それを補うだけの水分を補給しないと、
体温調節がうまくできなくなり、夏バテになってしまいます。

むくみ、頭痛、下痢などの症状が現れるのはそのためです。
脱水症状にならないためにも、水分、ミネラルは不足しないことが大切です。

 

栄養不足

あまりにも暑いと食欲が低下することがあります。
すると、冷たい飲み物やアイスばかり食べたりします。

スポンサードリンク

それによって、お腹の調子が悪くなります。
これは、胃腸の温度が下がり、消化酵素の働きが弱くなるからです。

胃腸は体の健康を保つために重要な器官です。
その胃腸の働きが悪くなるので、体力が低下して、夏バテになりやすくなるのです。

 

自律神経失調

暑いとエアコンを使ってしまいますよね?
室内ではエアコンで冷たい空気、外に出ると炎天下で暑い、
この繰り返しになると、自律神経失調症になる可能性があります。

体温調節は自律神経の働きによるものです。
暑いと冷たいを過度に繰り返すことは、自律神経の働きが悪くなり、
体温調節がうまくいかなくなってしまいます。

すると、夏バテが起き、
頭痛や食欲低下を引き起こすことにつながります。

 

どうやって夏バテの対策をすればいいの?

 

夏バテの予防・対策をするためには、

  • バランスのとれた食事
  • 適度な運動
  • シャワーではなく入浴
  • 十分な睡眠

について見直してみることが必要です。

 

バランスのとれた食事

食事は1日3食ちゃんと食べることが大切です。
特に、朝食は1日の活動のためには必要なものです。

また、食事を摂る際には、

  • ビタミン、ミネラルを摂る
  • タンパク質をしっかりと摂る
  • ビールやジュースは飲み過ぎない
  • どうしても食欲がない時はサプリメントなどで栄養を補給する

といったことを心がけることが大切です。
また、大量に汗をかくときには塩分も補給すると効果的です。
夏の塩分補給についてはこちら

 

適度な運動

運動は自律神経の働きを整えるためにも必要です。
運動をする時は、こまめに水分を補給しながらするようにしましょう。

ストレス解消や食欲増進にも効果があるので、
軽い運動でいいのでするようにしましょう。

 

シャワーではなく入浴

暑いとついシャワーですませがちになってしまいます。
ですが、お風呂にゆっくりと入ることは、
リラックス効果、自律神経の働きを正常化させるためにも大切なことです。

 

十分な睡眠

普段から睡眠不足になりがちな人も夏は意識して多く睡眠をとることをおすすめします。
夏は思っているよりもずっと、体力を使うものです。

疲れが残っていると、それが蓄積して夏バテにつながってしまいます。
そうならないためにも、しっかりと睡眠はとるようにしましょう。

ですが、夏は寝ている時に暑くて目が覚めるということもあると思います。
そんな時はこちらの、夏の夜の暑くて寝れない時の対処法を参考にしてみてください。

夏バテにならないためには、体力は必要です。
いつもよりも健康に気をつけるようにしましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ