初秋の候の意味とは?時期はいつ?

季節の挨拶には様々な言葉があります。

「初秋の候」

スポンサードリンク

これは文字からわかるように秋の最初頃の時候の挨拶の言葉です。
この「初秋の候」とはどんな意味で、時期はいつ頃を指すのか見ていきましょう。

PPG_kouyoushihajimetaicyou500-thumb-750x500-873

 

初秋の候の読み方・意味・時期

 

「初秋の候」の読み方は「しょしゅうのこう」です。

秋には、
「初秋」、「中秋」、「晩秋」区切られた言葉があります。

このことからもわかるように、
意味は夏が過ぎ、秋の訪れを感じ始める、
まさに秋の最初の頃の時期のことです。

初秋の候の時期は、
陰暦の7月、現在の暦では8月半ばから9月初旬とされています。

ただ、8月の挨拶としては晩夏の候などが使われることが多いです。
8月に秋の挨拶と言われてもピンと来ないということも一因かもしれませんね。

スポンサードリンク

 

「初秋の候」の手紙での使い方・例文

 

初秋の候を手紙の挨拶で使うには、
[deco_bg image=”postit1″ width=””]

  • 初秋の候、皆様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 初秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 初秋の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。
  • 初秋の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。
  • 初秋の候、貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
  • 初秋の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 初秋の候、〇〇様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 初秋の候、ご一同様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

[/deco_bg]
といった使い方があります。
また、結びとして、
[deco_bg image=”postit1″ width=””]

  • これからの季節、朝夕冷え込んでまいりますのでお身体にお気をつけください。
  • もうしばらくは残暑が続きそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。

[/deco_bg]
日本は秋にさしかかる時期でも残暑が厳しいという特徴があります。
そうしたことからもこうした気遣いのある挨拶があります。

また、「初秋の候」の他にも、9月上旬のに使われる言葉として、
[deco_bg image=”postit1″ width=””]

  • 新秋の候
  • 新涼の候

[/deco_bg]
という言葉もあります。
参考にしてみてください。

秋涼の候についてはこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ