秋涼の候の意味とは?時期はいつ?使い方は?

秋の時候の挨拶に「秋涼の候」という言葉があります。
文字からなんとなくわかるのは「涼しい、秋」ということでしょうか?

スポンサードリンク

秋涼の候の意味、時期、使い方について見ていきましょう。

PPG_akaimituketaakinoeda500-thumb-750x500-856

 

秋涼の候の読み方と意味とは?時期はいつからいつまでなの?

 

「秋涼の候」は「しゅうりょうのこう」と読みます。

意味はその言葉通り、
秋になって涼しい時期の挨拶の言葉です。

この言葉を使う時期は、
陰暦では8月、現在の新暦では9月~10月とされています。

ただ、「涼しい」という意味もあることから
10月に使われるのが一般的です。

このあたりは住んでいる地域や人によって捉え方が異なるので、
厳密な決まりがあるというわけではありません。

暦の上では、
8月7日頃~11月7日頃が秋とされています。

最初の頃は夏であり、終わりの頃は秋が深まり冬に近づいています。
この間の9月~10月頃に使うのが適しているとされています。

 

「秋涼の候」の手紙での使い方・例文は?

 

秋涼の候を手紙で時候の挨拶として使うには、
[deco_bg image=”paper2″ width=””]

スポンサードリンク
  • 秋涼の候、貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
  • 秋涼の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 秋涼の候、皆様ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 秋涼の候、皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。
  • 秋涼の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 秋涼の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。

[/deco_bg]
こうした使い方があります。
また、もう少し軽いかんじの挨拶をしたい場合は、
[deco_bg image=”paper3″ width=””]

  • 秋涼を感じて少し空も高く感じる様になりました。
  • 秋涼の訪れを感じる季節になりました。
  • 残暑も過ぎ去り、秋涼を感じる季節となりました。

[/deco_bg]
などの使い方もできます。
また、結びとして、
[deco_bg image=”paper4″ width=””]

  • これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体にお気をつけください。
  • 秋が深まりゆく季節ですが、くれぐれもご自愛ください。
  • 季節柄、朝夕冷えてまいりますので、体にはくれぐれもお気をつけください。

[/deco_bg]
こうした言葉を使うことができます。
気温の変化が激しい季節なので、体調を気遣った文章です。

また、「秋涼の候」の他にも、この時期に使われる言葉として、
[deco_bg image=”paper5″ width=””]

  • 秋冷の候
  • 孟秋の候
  • 爽秋の候
  • 涼風の候
  • 秋晴の候
  • 清秋の候
  • 秋麗の候
  • 仲秋の候
  • 錦秋の候
  • 秋雨の候
  • 夜長の候
  • 秋霜の候

[/deco_bg]
などの言葉もあります。
参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ