イヤホンが断線?聞こえない原因・予防対策・修理について

「あれ?なんか音が聞こえないんだけど・・・」

今まで聞こえていたのが急に聞こえなくなってしまう。
イヤホンを長く使っていると起こることです。

スポンサードリンク

私も1~2年で急に音が聞こえなくなったことがあります。
これは長くもったほうなのかな?
いろんな人の話を聞くと、半年~1年ぐらいでダメになるという声をよく聞きます。

両方とも聞こえなくなることや、片方だけ聞こえなくなるなど、
聞こえなくなる状況は様々です。

今回は、

  • イヤホンから音が聞こえない原因は?
  • どうやって予防対策すればいいの?
  • 修理はできるの?

これらについて見ていきましょう。

N811_iyahonongaku500-thumb-750x500-2179

 

イヤホンから音が聞こえない原因は?

 

イヤホンから音が聞こえない原因は

  • イヤホンの断線
  • イヤホンが対応していない
  • 触れてはいけないものに触れている

といったことが考えられます。
それぞれ見ていきます。

 

イヤホンの断線

いきなりイヤホンの音が聞こえなくなったのは断線した可能性があります。
イヤホンは悪い扱い方をすると接続部分が断線しやすいのです。

乱暴に扱っていると、
買ったばかりなのに断線して聞こえなくなったという人もいます。

悪い扱い方、乱暴な扱い方というのは、

  • イヤホンをiPodなど音楽プレイヤーにグルグル巻きにしている
  • 巻く時にきつく巻いている
  • ぐちゃぐちゃにして置いている
  • イヤホンを抜く時にコードを引っ張る

などです。
また、あまりに安いイヤホンだと断線しやすいということもあります。

 

イヤホンが対応していない

買ったばかりのイヤホンが聞こえないのは、
イヤホンが音楽プレイヤーに対応していないことも考えられます。

スポンサードリンク

これはあまりないことなのですが、
ステレオやモノラルなどの切り替えが可能ならば、
それを変更することで解決することができます。

これでも解決できない場合は故障、不良品の可能性があります。

 

触れてはいけないものに触れている

これは常にイヤホンをつけていると起こる可能性があります。

  • 激しい雨に打たれてずぶ濡れになった
  • 水・油・整髪料・化粧品・・・などがついた

イヤホンをつけたまま作業をしていたりすると、
気づかないうちに何かに触れてしまっているかもしれません。
こうしたことも故障の原因となります。

 

どうやって予防対策すればいいの?

 

こうした様々な問題にはどうやって予防・対策すればいいのでしょうか?
断線を予防するためには、

  • L字型プラグを使う
  • 延長ケーブルを使う
  • イヤホン保護ケースを使う
  • 無線(Bluetooth)のイヤホンを使う
  • 高価で頑丈なイヤホンを使う

これらのものを使うことで断線の予防・対策ができます。
やはり高いものだと故障しにくいようです。
また、こういった方法もあります。

 

修理はできるの?

 

イヤホンを修理するには、

  • メーカーに修理の依頼をする
  • 買った店に持っていく

という方法があります。

メーカー直接依頼する場合は送料がかかります。
店に持っていく場合は時間がかかることがあります。
修理の値段は状態によって異なります。

2000円ぐらいのイヤホンを買ったのに、
修理に3000円かかるということもあるので注意してください。

修理費用が買うよりも高かったら修理じゃなくて、
新しいのを買ったほうがいいですよね(^^)
その場合は新しいのを買うほうがおすすめです。

また、自分で直すという手段もあります。
ただ、

  • 道具を揃える必要がある
  • 慣れていないと時間・手間がかかる
  • 確実に直せる保証がない

など自分で直すには慣れていないと難しいこともあります。
自信がない場合はやめておいたほうがいいですよ。

イヤホンは消耗品と考えるのがいいかと思います。
高いものを買うとあきらめがつかないのもわかりますが、
次に使うイヤホンはもっと丁寧に使うことができると思います。

同じイヤホンでも人によって寿命が異なるのは、
やはり使い方に差があるんでしょうね^^;

私もこれからは大切に使うようにしなければ(笑)

スポンサードリンク

このページの先頭へ