電子タバコは害はないの?ニコチンなどの成分と安全性について

”禁煙エリア”
”店内全て禁煙”

あそこも禁煙、ここも禁煙・・・
喫煙者にとっては大変な時代ですよね。。

スポンサードリンク

タバコを吸えない場所がどんどん増えていくし、
値段はどんどん高くなっていきます。

そんな時に考えられるのが”電子タバコ”です。
電子タバコは1回買えば長く吸うことができるので経済的!
と思うかもしれませんが、健康面ではどうなのでしょうか?

  • 電子タバコは安全なの?害はないの?
  • ニコチンは含まれているの?

これらについて見ていきましょう。

tabako_kitsuen

 

電子タバコは安全なの?害はないの?

 

電子タバコというと普通のタバコと比較して健康的とイメージする人もいるかもしれません。
宣伝でも禁煙の手助けというイメージがあるかもしれませんが、
害がなく、安全という保証があるわけではありません。

「電子タバコにはニコチンが含まれていなくて害がないんじゃないの?」
と考えるかもしれませんが、ニコチン以外にも有害な成分はあります。

発がん性物質、刺激物などが含まれているものがあることは証明されています。

アメリカでは電子タバコによって、

  • 頭痛
  • めまい
  • 喉の痛み
  • 鼻血

などの症状を引き起こすことがあるとされています。

スポンサードリンク

何も有害な物質が含まれていなくて、害がないものならば、
このようなことは起こらないはずです。

そう考えると安全が売りの電子タバコでも害はあるのかもしれませんね。

 

ニコチンは含まれているの?

 

ニコチンは含まれていないのが電子タバコと思うかもしれませんが、
「ニコチンを含まない」と表記された電子タバコでニコチンが検出されたこともあります。

日本では基本的にはニコチン入りの電子タバコは禁止とされています。
ですが、外国産のものなどがあるので、
確実にニコチンが含まれていないとはいえないようです。

そもそも、タバコをやめようと考えて
ニコチンの入っていない電子タバコにするという人は多いです。

ですが、ニコチンが含まれている場合は、
中毒性があるのでなかなかやめられないということになるようです。

ですが、ニコチンが原因でタバコをやめられないというわけでもないようです。
癖になってしまっているということが原因として考えられます。

やはり、健康を気遣うなら電子タバコもやめておいたほうがいいですね。
普通のタバコよりは害は少ないけど、確実に安全というわけではなさそうなので。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ