忘年会の余興はどうすればいいの?景品は何を用意する?

年末が近づいてくると会社では忘年会シーズンです。
忘年会は好きですか?

人によっては「すごい楽しくて好き!」という人もいれば、
「苦痛で仕方ない。全然好きじゃない。」という人もいると思います。

スポンサードリンク

「忘年会の余興考えておいてね。」

上司にいきなりこんなことを言われたら、
人前で何かをするのが苦手な人にしたらたまったものではないですよね。
そんなにネタなんか持ってないし(T_T)

「余興・出し物って一体何をすればいいの?」
「景品も用意しなくちゃいけないし。」
という人は、

  • 忘年会の盛り上がる余興は?
  • 忘年会の景品は?

について見ていきましょう。

nomikai_salaryman

 

忘年会の盛り上がる余興は?

 

まず、忘年会の余興で恐ろしく完成度の高い出し物は無理だと思います。
よほど時間と経費があるなら別ですが、大抵の場合はそうはないはずです。

なので、”そこそこ”でいいので盛り上がるようなことがおすすめです。

スポンサードリンク
  • お笑いのコント
  • モノマネ
  • 一発芸
  • ダンス
  • マジック

などが個人やグループでの出し物としては一般的です。
”わざと”全然似ていないモノマネをするとかもアリです(笑)

ただ、こういったことは人前で何かをすることに抵抗がない人向きです。
ドッカンドッカン爆笑がとれればいいのですが、
そうしたことはよほどじゃないとできないはずです。

そうした場合は、

  • クイズ
  • ビンゴ

などの”みんな”で楽しめるゲームがおすすめです。
これだと無理に笑いをとる必要もなく、みんなで楽しむことができます。

この時に、景品が当たるようにすれば、
それを目指してゲームも楽しくなりますよ(^^)

 

忘年会の景品は?

 

忘年会では、余興や出し物、ゲームをする・しないにかかわらず、
景品は用意しておいたほうがいいですよ!

実用的なもの、かわいいもの、欲しかったもの、などが、
突然貰えるとなると嬉しいものです。

経費で用意できれば一番いいのですが、できない場合は、
1人から1000~2000円ぐらい集めるだけでもそれなりに楽しめますよ。
(ただし、値段相応にはなりますが)

  • ギフト券
  • 温泉チケット
  • ビールセット
  • ラーメン券

あたりは喜ばれることが多いものです。

忘年会は会社によって規模が異なるものですが、
共通して言えるのは、”楽しくするもの”ということです。

1年の締めになりますが、また来年もがんばっていこうという意味でも、
絆を深められるといいですね(^_^;)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ