お歳暮のお礼状の書き方と例文について

冬が近づいてくると様々なことがあります。
クリスマス、忘年会、正月、・・・など、
イベントが立て続けにあります。

スポンサードリンク

それらの時期にお歳暮というものがあります。

「お歳暮はどんなものが喜ばれるのかな?」
と送るものやもらうものばかりに目が行きがちですが、
貰った時にはお礼をしなくてはいけません。

礼儀として、報告を兼ねてお礼状を送るというのが一般的です。

「けど、お礼状って何を書いたらいいの?」

と思うかもしれません。

そこで、今回は、

お歳暮のお礼状の書き方・例文

について見ていきましょう。

oseibo

 

お歳暮のお礼状の書き方・例文

 

私的なお歳暮のお礼状の例文

早いもので、本年も残りあとわずかとなってしまいましたが、

皆様におかれましてはお変わりもなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。

このたびはお歳暮のご挨拶ならびに大変結構なお品を頂戴いたしまして、
誠にありがとうございました。

普段何も行き届きませんのに、いつもお心づかいをいただき、恐縮しております。
いただきました名産のお菓子をさっそく家中で賞味いたしております。

スポンサードリンク

これから厳しい寒さになりますので、御自愛のほどお祈りいたします。
まずは心からお礼申し上げます。

平成○年○月○日

 

私的なお歳暮のお礼状の例文といえど、かなり堅い文章ですよね。
ですが、お歳暮という伝統的なやりとりではこれぐらい堅くなってしまうのが現実です。

最初は慣れないかもしれませんが、そういうものだと割り切るしかありませんね。
次はビジネスの場面においての例文です。

 

会社のお歳暮のお礼状の例文

拝啓

歳末を迎え何かとご繁忙な日々をお過ごしのことと拝察申し上げます。
平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたびはご丁重なお歳暮の品をお贈りいただきまして
誠にありがとうございました。

日頃は私どもが大変お世話になっておりますのに、
このようなお心づかいをいただき恐縮に存じております。

寒さも厳しくなります折、
皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を心からお祈りいたします。
まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬具

平成○○年〇〇月

 

会社のお歳暮のお礼状のほうが私的な場合と比べて、
少し堅くなったかんじがしますよね。
これはビジネスという場面ですので仕方がないことだとは思います。

お歳暮のお礼状は初めて送る場合は戸惑うことが多いかもしれません。
ですが、今後の付き合いのためには重要なことです。

ここで紹介した書き方・例文が参考になればと思います。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ