服・靴裏・車などにくっついたガムの取り方は?

「あ!ガムがくっついてる!」

歩いていてなんか靴の裏に違和感がある時に、
見てみるとガムがくっついてることはあります。

あまり気分がいいものではありませんよね(T_T)

スポンサードリンク

「あ~、ガム踏んだ(´・ω・`)テンション下がるわ。。」

となるのが普通だと思います。

本来は道にガムを吐き捨てるほうが悪いのですが、
文句を言っていてもガムは取れないのでなんとか自分でとるしかありません。

靴裏以外にも気づかないうちにガムがくっついている場所はあります。

そこで今回は、

  • 衣類のガムの取り方
  • 靴裏のガムの取り方
  • 車のガムの取り方
  • カーペットなどの床のガムの取り方

これらのことについて見ていきましょう。

sweets_itagum

 

衣類のガムの取り方

 

ガムが服などの衣類にくっつく状況はいくつかあります。
食べていたガムが口から落ちた時、
家で子供がガムを出して気づかないでそこに寝た時などです。

ガムは衣類などの布に一度くっつくとなかなかしぶといです(笑)

こうしたガムを取るにはガムを固めてしまうことが手っ取り早いです。
ガムを氷で冷やすとガムが固まります。
あとは簡単に爪ではがすことができます。

ですが、しっかりとくっついているガムはこの方法では取れないこともあります。

その時は、

  • チョコレート
  • ベンジン
  • サラダ油
  • 食器用中性洗剤

などを使うことでガムを取ることができます。
この時、歯ブラシを使うことで取りやすくなります。

また、このような方法もあるようです。

 

靴裏のガムの取り方

 

ガムを踏んだ時のテンションの下がり方はすごいものがあります。
特に、新しい靴や気に入っている靴の場合はなおさらです。

ガムの取り方は先ほどお伝えした、

  • チョコレート
  • ベンジン
  • サラダ油
  • 食器用中性洗剤

などを使うと取ることができます。

スポンサードリンク

また、冷やして固めるためには、
スポーツなどで怪我した時に使うコールドスプレーも有効です。

ただ、コールドスプレーを常に持ち歩いている人はあまりいないと思います(笑)
家に帰って、コールドスプレーがあるのなら試してみるといいですよ。

 

車のガムの取り方

 

車のシートやボディー、タイヤにもガムはくっつくことがあります。
自分では気をつけていても子供がいる場合などは注意が必要です。

特に、車のシートは子供をよく乗せる場合はこうしたことはあることです。

車の大変なところは、服と違って簡単に洗濯できないところです。

チョコレートでガムを取るというのは、
その後、洗濯できないことを考えると車には向いていないかもしれません。

車の場合はアロマオイルを使うことがおすすめです。
車内のニオイという面でもアロマオイルなら快適なのでいいですよ。

それでもどうしても取れないならガム取りクリーナーを使うのも1つの方法です。

 

カーペットなどの床のガムの取り方

 

カーペットやじゅうたんなどの床にくっついたガムの取り方も基本的には今までと同じ方法です。
時間が経つと、変色してくることもあるので、できるだけ早く取りたいところです。

ここで注意なのが、こすってはいけないということです。

早く取りたいからといって、こすってはいけません。
こすると繊維の中にしみこんでいって、余計に取りにくくなります。

ガムはホントしぶといですよね(汗)

まずは、固めてからヘラや歯ブラシなどで取ること。
それができないなら、油で取ることです。

カーペットの場合は、取った後、ドライヤーなどで乾燥させるようにしましょう。
そうすることで、カーペットをキレイにすることができます。

 

ガムがくっつくのは嫌なものですが、
ちゃんとやればけっこう簡単にとれるものです。

今まで諦めていた人もやってみると意外と簡単にとれることがわかりますよ(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ