歯ブラシって消毒しないといけないの?除菌方法と交換する頻度について

毎日使う歯ブラシ。
歯ブラシは歯を磨くためのものですが、
歯ブラシ自体は洗う必要はないのでしょうか?

歯ブラシ専用の消毒液などが販売されていることからも、
歯ブラシの洗浄は必要なことがわかります。

スポンサードリンク

たしかに歯ブラシが汚いとそれで磨いた歯はどうなんだ?
って考えると納得がいきますよね。

今回は、

  • 歯ブラシには雑菌がいっぱい?
  • 歯ブラシの洗浄と除菌方法
  • 歯ブラシの交換時期はいつ?
  • 歯ブラシをダメにする?やってはいけない4つのこと!

これらのことについて見ていきましょう。

haburashi

 

歯ブラシには雑菌がいっぱい?

 

人間の口の中は雑菌がものすごくいっぱいいます。
特に、寝起き時は肛門よりも雑菌が多いとも言われています。

その口の中の歯を磨く歯ブラシには当然雑菌が付着します。
イギリスのマンチェスター大学の調査によると、
歯ブラシに付着している雑菌の数は1億個以上だそうです。

・・・

1億個以上!!!

これは改めて数字を見ると恐ろしさがわかります(汗)
こんな状態の歯ブラシで歯みがきをすると、
余計に不潔になることも考えられます。

「人間の口の中は雑菌にまみれているので、歯ブラシも雑菌まみれで当然。
だから、気にする必要はない!」

と言い切れるなら気にしないでもいいと思いますが、
そうではない人は歯ブラシの除菌について確認しておきましょう。

 

歯ブラシの洗浄と除菌方法

 

歯ブラシを使った後は、

  • 食べ物のカスの除去
  • 十分な乾燥

この2つはちゃんと行いましょう。
水分が残ると細菌が増殖してしまいます。
そのような状態にならないようにタオルなどで水分を拭き取るようにしましょう。

また、歯ブラシに着色してしまったという場合には、
漂白剤につけておくことが効果的です。

漂白剤は、日常的に使うものであればどれでも大丈夫ですが、
部分入れ歯用の洗浄剤を使うことも効果があります。

口に入れるものを洗浄するものなので、
歯ブラシを浸けておいて除菌することも安心です。

また、他にも紫外線で除菌するという除菌器もあるようです。

スポンサードリンク

 

歯ブラシの交換時期はいつ?

 

歯ブラシを交換する頻度は1ヶ月に1回程度が適しています。

歯ブラシを使っていると、

  • 細菌が多くなってくる
  • 毛先が広がってくる
  • 食べカスが詰まってくる

といったことがあります。
こうなると十分な洗浄効果が期待できなくなってしまいます。

こうしたことから、1ヶ月に1回程度交換することが望ましいのです。
また、歯ブラシの痛みが早い場合はもう少し早めに交換するようにしましょう。

 

歯ブラシをダメにする?やってはいけない4つのこと!

 

歯ブラシを管理する上でやってはいけないことがあります。

  • 熱湯消毒
  • 使い回し
  • 濡れたままにしておく
  • 歯ブラシ周りはそのまま

などです。

 

熱湯消毒

熱湯消毒は一見すると有効のようですが、やめておきましょう。
熱湯は歯ブラシの寿命を縮めてしまいます。

長持ちさせたいならやめることをおすすめします。

 

使い回し

他人と同じ歯ブラシを共有することはやめておいたほうがいいです。
友人や恋人、家族と共有する人もいるようですが、
これは歯みがきするたびに他人の細菌を自分の体内に取り込むことなのです。

病気になるリスクも高まるためやめておきましょう。

また、1つのコップに歯ブラシをまとめて入れておくなど、
歯ブラシの毛先が触れ合うような状態はやめておきましょう。
これではせっかく歯ブラシを分けていても、使い回しと同じになってしまいます。

 

濡れたままにしておく

歯ブラシは濡れたままにしておくと、細菌が繁殖しやすくなります。
使った後は十分に乾燥させるようにしましょう。

特に、持ち運びの歯ブラシは注意が必要です。
ケースにしまう前に十分に乾燥させましょう。

 

歯ブラシ周りはそのまま

歯ブラシスタンド、ホルダー、コップなどは洗わないという人もいます。
たしかに、歯ブラシを洗えばそれでいいやと思ってしまうかもしれません。
洗うのを忘れやすい場所でもあります。

ですが、そのような場所に雑菌は繁殖します。
気づいた時にでもいいので、掃除するようにしましょう。

 

歯ブラシの洗浄・除菌、長持ちさせることなどについて見てきました。

コストがかかるためそんなに頻繁に交換はできないと思うかもしれませんが、
明らかに臭い、変な味がするなどの場合は、
除菌よりもすぐに交換したほうがいいですよ。

歯ブラシはあくまでも消耗品なので、
ずっと使えるものではないと考えておきましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ