初心者が安全に雪道を運転する方法!コツと注意点は?

雪が降った時に運転することは慣れていない人にとっては難しいものです。

「運転の腕(ドライビングテクニック)があればどんな道でも大丈夫だよ!」

と考えるのは、運転に自信があるということではなく、
雪道を甘く見ている(過信している)ということです。

スポンサードリンク

事故を起こす人の多くがこのように考えています。
こう考えていて事故を起こさなかったのは、
運転がうまいのではなく、たまたま運が良かっただけのことです。

事故を起こしてしまってからでは遅いので、
事前にできるだけの準備はしておきましょう
そこで今回は、

  • 雪道運転のコツと注意点
  • 雪道運転はスタッドレスがあれば大丈夫?
  • FF車やFR車で雪道は運転できるの?

これらのことについて見ていきましょう。

PAK26_setugentaiya20140208500-thumb-900x600-4175

 

雪道運転のコツと注意点

 

雪道は普段の雪のない道を走るよりも数段注意が必要です。
特に、雪道を初めて運転する人、初心者の人は
慎重になりすぎるぐらいでちょうどいいものです。

普段と同じように運転していると、

  • ハンドル操作がうまくいかずにスリップする
  • ブレーキが効かない

といったことが起こります。

 

運転前の準備

雪道を運転する前に

  • 車を暖めておく
  • 靴の雪をとっておく
  • 余裕を持ってガソリンを入れておく

といった準備は必要です。
車を暖めておくことで、ガラスの氷を溶かします。
視界を確保するためにもこれは絶対必要なことです。

靴に雪がついていると、
ブレーキやアクセルを踏む時に滑ることがあります。
これは危険ですので、靴はすべらないようにしておきましょう。

雪道は燃費が悪くなりがちです。
特に、遠出した時にガソリンが少なくなると焦ってしまいます。
そうならないためにも、ガソリンは余裕を持って入れておくようにしましょう。

 

雪道で運転する時

雪道運転で気をつけなければいけないことは複数あります。

  • スピード
  • 車間距離
  • ブレーキ
  • カーブ
  • 交差点
  • 坂道
  • わだち

細かいことを含めるとまだまだありますが、
まずはこれらに注意が必要です。

スポンサードリンク

スピードを抑えて走ることは重要です。
上記に挙げたすべてにおいてスピードは関係しています。

  • 車間距離を十分にとって走ること
  • ポンピングブレーキをかけること
  • カーブを一度のハンドル操作で曲がり切ろうとしないこと
  • 交差点や坂道でしっかり止まること

など、これらはすべてスピードを出しすぎないことが前提となることです。

事故の大半は、突き詰めていくと、
スピードの出しすぎが原因となっています。

逆に言えば、上記のことに気をつけることが運転のコツとも言えます。

 

雪道運転はスタッドレスがあれば大丈夫?

 

当然のことですが、雪道をノーマルタイヤで走るのは絶対にダメです。
簡単に制御不能になります。

「タイヤ交換するのはお金がかかるし、めんどくさいからいいや!」

特に旅行などで年に1回ぐらいしか雪道を運転しないという場合は、
このように考える人もいますが、
事故を起こさないためにもノーマルタイヤはやめておきましょう。

では、スタッドレスタイヤなら絶対に安全かというと、そういうわけでもありません。

いくらスタッドレスでも、雪道は危険なのです。
雪道の注意点で挙げたものは、スタッドレスでも注意が必要なことです。

スタッドレスだから安心というわけではなく、
雪道は危険だと認識して運転することが大切なのです。

 

FF車やFR車で雪道は運転できるの?

 

「雪道を走るのにFF車やFR車でも何も問題ありません!」

・・・

これは半分正解で半分不正解というのが現実です。

たしかに、FFやFRでも何も問題なく雪道を走れることはあります。
それは、除雪が行き届き、ちゃんと整備された道などの場合です。

街中などは比較的安全に走れますが、山の方へ行くと安全とは言い切れません。

  • FF車は進むけど曲がれない
  • FR車はアクセルを踏むとキューンとまわる

超簡単に言いましたが(笑)、
特徴としてはこのようなものです。

なので、運転しようと思えばできるものですが、
安全だと言い切れるものではないと考えておくことが必要です。
雪が深い場所へ行くならレンタカーという選択肢もあります。

 

雪道は想像以上に危険なものです。
雪道を運転する一番の方法としては、”慎重になりすぎる”ということです。
初心者の人は特に気をつけてくださいね。

ブラックアイスバーンの運転の対策はこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ