賞味期限切れの缶詰って食べられるの?安全性は大丈夫?

家の中を整理している時に、

缶詰発見!!

けど、賞味期限が1年も前なんだけど・・・

こんな経験はありませんか?
私はたまにあります(^^)

スポンサードリンク

賞味期限が切れているからといってすぐに捨ててしまうのは
もったいない気がしますよね。

そこで今回は、安全性を確認するためにも
缶詰の賞味期限って切れてても大丈夫なのか
について見ていきましょう。

kandume

 

缶詰の賞味期限って切れてても大丈夫なの?

 

缶詰は普段の食事のため、非常食用、など、
使う用途はいろいろとあります。

缶詰は通常の食品よりも賞味期限が長いので、
つい安心してほったらかしにしてしまいます。
そして、気がついた時には賞味期限が切れてる・・・なんてこともあります。

大量に缶詰を買い込んでいる人にとっては、
賞味期限切れで全て捨ててしまうなんてことはもったいなくてできないことです。

私は賞味期限が1年ぐらい前のものでも食べました。
特に問題はありませんでした。

スポンサードリンク

そもそも、賞味期限は美味しく食べられる期限のことなので、
賞味期限切れだからといって食べられないわけではないのです。

じゃあ、いつまで大丈夫なのかというと、
未開封の状態ならば10年は大丈夫と言われています。

ちょっとビックリですよね!!

もちろんこれは保存状態によります。
缶が錆びついたり、高温多湿の場所にずっと置いておいたりすると、
缶が劣化して見た目にはわかりにくい小さな穴が開いてしまうこともあります。

確認する方法は簡単です。

ニオイを嗅いでください。

明らかに変なニオイがする場合は食べてはいけません。
アンチョビ、ツナ、カニ、フルーツ、トマト、など、
様々な缶詰で言えることです。

ニオイに問題がなければ食べれます。
開封後は早めに食べきってしまいましょう。

1年や2年賞味期限が切れたぐらいでは安全性に問題はないですが、
9年賞味期限が切れたものはさすがに食べたことはありません(汗)
っていうか、今のところ見たことがありません(笑)

10年大丈夫だからといって私は絶対に安心できるとは思いません。
最後はやはり自己責任になってきますね。

覚悟を決めて食べるなら、自己責任で食べてくださいね。
私はなるべく賞味期限切れのものはなるべく早めに食べてしまうことをおすすめします。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ