財布を落とした時の対処法は?悪用されないために必要なこと!

「あれ、ない。。ない!ない!!財布がない!!!」

さっきまであったはずの財布がない!
どこかに忘れてきた!?いや、確認したけどない。
ということは・・・

財布を落とした。。

スポンサードリンク

財布を落としたことがない人からすると、
そんなことありえないと思うかもしれませんが、
実際に落としてしまうことはあります。

私が実際に落としました(T_T)

今となってはネタにできるようになりましたが、
落とした当時はショックが大きかったです。

落としたらお金がなくなってしまうだけではなく、
落としたら落としたでやることは意外と多いものです。

落とした時に慌てないように、

  • 財布を落としたら最初にやること
  • カード類の対処
  • 届けてくれたらお礼が必要?

これらのことについて見ていきましょう。

saifu

 

財布を落としたら最初にやること

 

財布を落としたらまずはひと通り心当たりのある場所を探すと思います。
その後、近くの交番へ行って紛失届を提出しましょう。

家に帰ってきて財布がないことに気づいた時でも、
電話で財布を落としたことを伝えましょう。

電話する交番は落とした近くではなく、家の近くでも大丈夫です。
とにかく連絡することが大切です。

ここで財布を落としたことを伝えておくことで、
カードを悪用された場合でも保険が効くようになります。

運がよければ財布が見つかるかもしれません。
ほとんど期待はできませんが(汗)

スポンサードリンク

 

カード類の対処

 

警察へ連絡した後は、キャッシュカードやクレジットカード、保険証、免許証、
などの連絡をしなければなりません。

特に、キャッシュカードやクレジットカードはすぐに連絡しましょう。
電話をするとすぐに使用停止にできます。

各会員カード、ICカード、定期券なども連絡しておきましょう。
特に、レンタルDVD・CDなどを借りて延滞されると、
料金が発生してしまうので悪用される前に対処することが必要です。

保険証、免許証、学生証、社員証などもそれぞれ連絡して対処が必要です。

連絡するところが多く大変ですが、一気にやってしまいましょう。

 

届けてくれたらお礼が必要?

 

財布が運良く戻ってきたら、お礼をしましょう。
ここはあまりはっきりとしないところなのですが、
財布に入っていた金額の1割程度の支払いが適しているとも言われています。

届けてもらったら報労金として支払う義務があるとも言われていますが、
実際は拾った人次第です。

「別にお礼なんていらない」
という人もいます。

なので、本当にお礼の気持ちで支払うということができるなら、
支払うようにしましょう。

私の場合は結局財布は戻ってこなかったので、
お礼をするということにはなりませんでした。

おそらく多くの人が戻ってこないと思っていた財布が戻ってきたら、
嬉しくて喜んでお礼をすることだと思います。

無理して大金を支払う必要はありませんが、
できる範囲で支払えば相手も喜んでくれることだと思います。

 

残念ながらおそらく多くの場合、
財布が戻ってくる確率はかなり低いことだと思います。
私や周りの人で戻ってきた人を見たことがありません。

ただ、警察へ財布を届けたことがあるという人もいます(^^)

そのような人に当たればラッキーですね♪
財布を落とした時はいい人が拾ってくれることを願いたいですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ