胃もたれの原因は何なの?対処と解消法について

「なんか胃の調子が悪い。。吐き気もあるし。」

なんとなく胃がもたれてるかんじはするんだけど、
原因がわからない。
ということがたまにあります。

スポンサードリンク

これがひどくなると、夜寝れないなんてことにもなります。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

今回は、

  • 胃もたれの原因って何?
  • 胃もたれの解消に役立つ食べ物・食べ方は?
  • 吐き気がして寝れない。そんな時は?

これらのことについて見ていきましょう。

body_i_bad

 

胃もたれの原因って何?

 

そもそも胃もたれとは、
胃の働きが弱くなり、消化することが十分にできなく、
胃の中に食べ物が残ってしまう状態のことです。

胃が不快な状態ではありますが、病気ではありません。
ですが、場合によっては病気の兆しということもあります。

胃もたれになってしまう原因は、

  • 加齢
  • 空腹時のコーヒー
  • 暴飲暴食
  • 不規則な生活
  • ストレス

これらのことが考えられます。

こうしたことが胃の消化機能の低下へとつながっていきます。
その結果、胃もたれの原因となってしまうのです。

 

胃もたれの解消に役立つ食べ物・食べ方は?

 

胃もたれを解消するためには、
胃の消化機能を低下させないようにすることが大切です。

  • うどん
  • かぼちゃ
  • キャベツ
  • 豆腐

などは消化されやすい食べ物です。
また、消化にいい果物は、

  • バナナ
  • りんご
  • キウイ

などがあります。

他にも、消化を助ける食べ物として、

スポンサードリンク
  • カブ
  • 大根
  • 長芋
  • 唐辛子

などがあります。

これらの食べ物は妊娠中期や妊娠後期などの妊娠中の妊婦の人にも効果的な食べ物です。
この時期になると、胃もたれのような間隔になることもあるので、
そうした時に食べる食べ物としてもおすすめです。

ただ、これらをどんどん食べればいいかいうとそうではなく、
食べ方が重要です。

胃もたれしないためには、

  • 食べ過ぎないこと
  • 早食いをしないこと

が重要です。
これらをやってしまうと、胃の働きが低下してしまいます。
日頃から癖になってしまっている人は注意してください。

食べた後はお茶を飲むとより効果的です。
お茶には消化を促進する効果があるので、
食後にお茶を飲むことは胃もたれを防ぐためにも有効なのです。

 

吐き気がして寝れない。そんな時は?

 

胃もたれが起きて寝れないと感じる時は、

  • 食後すぐに入浴している
  • 夕食後すぐに寝る
  • 寝る前に夜食を食べている
  • 食事の間隔を4時間空けていない

これらに当てはまるか確認してみてください。
これらが原因で胃もたれが起きている可能性があります。

これらのことに対処しているのに吐き気がして寝れないというなら、
右側を下にして横になるようにしてみてください。
それによって胃から十二指腸へ食べ物が運びやすくなり胃もたれを防げます。

また、ちょっと食べ過ぎたなと感じた時は、
寝る前にコップ1杯水を飲むようにしましょう。

水を飲むことで睡眠中の脱水が抑えられ、
胃の負担が軽減され、胃もたれを予防することができます。

それでもどうしても寝れない日が続くなら、
逆流性食道炎など病気の可能性もあるので、病院へ行くことをおすすめします。

胃もたれに悩んでいる場合は、
普段の食生活を見直すことで改善できることが多いので、
まずは日頃の生活を見なおしてみましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ