初冬の候とは?意味、時期は?

冬の訪れを表す「初冬の候」。
初冬の候とはいつ頃の時期のことを指す言葉なのでしょうか?

スポンサードリンク

今回は、

  • 初冬の候の読み方・意味・時期
  • 「初冬の候」の手紙での使い方・例文

について見ていきましょう。

OH92_kirumomiji500-thumb-500x750-3775

 

初冬の候の読み方・意味・時期

 

「初冬の候」は「しょとうのこう」と読みます。
陰暦での10月のことで、「はつふゆ」とも言います。

意味はその名の通り冬の最初の頃のことです。
冬が訪れた様子を表します。

秋が終わり、空気がさらに冷たくなり、
外でも家の中でも寒くなってくる季節ですね。

初冬の候を使う時期は11月上旬~12月中旬頃です。
ここにはっきりとした期間はありません。

スポンサードリンク

 

「初冬の候」の手紙での使い方・例文

 

初冬の候を手紙の挨拶で使うには、
[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”]

  • 初冬の候、貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
  • 初冬の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 初冬の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  • 初冬の候、皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。
  • 初冬の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 初冬の候、少しずつ寒さが近づいておりますがいかがお過ごしですか?

[/colored_bg]
などの使い方が時候の挨拶としてあります。
また、結びとして、
[colored_bg color=”light‐red” corner=”r”]

  • より寒さが進んでおります。どうぞお身体ご自愛ください。
  • 寒さがより一層強まってまいります。どうぞ健康にお気をつけてお過ごし下さい。
  • 寒さもひとしお身にしみるころ、お風邪などお召しになりませんようお気をつけ下さい。

[/colored_bg]
寒くなってくる季節で、体調を崩しやすくなるので、
相手への気遣いの言葉で締めるようにしましょう。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ