子供の鼻血がよく出る原因は何なの?止め方・予防対策について

”鼻血ブシャー!”

ブシャー(笑)とまではいかないまでも子供が鼻血を出すことはよくあります。
鼻血を出すことが当たり前のように感じるかもしれません。

ですが、あまりにも鼻血が止まらない場合はちょっと心配になってしまいます。

スポンサードリンク

「やけに鼻血が大量に出るんだけど・・・」
「鼻血が全然止まらない。」

心配になるなら、

  • 子供の鼻血の原因は?
  • 鼻血の止め方はどうすればいいの?
  • 鼻血が出ないようにするための対策

これらのことについて見ていきましょう。

hanadi

 

子供の鼻血の原因は?

 

まず、子供は大人と比較して鼻血が出やすいものです。
大人よりも鼻の粘膜が弱く、血が出やすいからです。

こうした条件の中で、子供はよく鼻をほじったりします(^^)

すると、鼻の血管を傷つけてしまうので鼻血が出てしまうのです。
軽い衝撃を与えた時に鼻血が出るのもこれが関係しています。
夜中や就寝中には知らないうちにこうしたことをしている可能性があります。

鼻血の一番の原因は鼻をほじるなどの鼻をいじる行為ですが、
他にも鼻血の原因として、病気やストレスが考えられています。

 

病気

血が大量に出るということで、白血病を疑う人が実はけっこう多いです。

”白血病になると血が大量に出る=鼻血もよく出る”
と考えられるようですが、
すぐに鼻血が止まる場合は心配ありません。

さすがに30分も1時間もずっと出っぱなしの場合は心配になりますが、
すぐに止まれば基本的には心配しなくても大丈夫です。

 

ストレス

子供のストレスは鼻血に関係があります。
ストレスがたまると、ストレスをなくそうと抗ストレスホルモンが分泌されます。
その際に、ビタミンCが大量に使われます。

ビタミンCが不足すると、毛細血管が弱くなります。
その結果、鼻血が出やすくなり止まらなくなってしまうのです。

「子供がストレスなんてあるわけないじゃない!」

と思うかもしれませんが、子供にもストレスはあります。
幼稚園や保育園に通うようになるとパパ・ママに会えなくなります。
会えない寂しさがストレスになってしまうことがあるのです。

スポンサードリンク

慣れない場所に行ったり、知らない人と会うこともストレスとなります。
ストレスが鼻血の原因となることもあることを知っておきましょう。

 

鼻血の止め方はどうすればいいの?

 

鼻血が出た時の対処としてよくやられているのが、

  • 上を向く
  • 仰向けになって寝る
  • 首の後ろをトントンする
  • ティッシュを詰める

ということです。
ですが、これらはすべて間違いです。
やってはいけません。

上を向く、仰向けになって寝るは鼻から血は出なくなるかもしれませんが、
血が喉を通って気管に入ってしまう恐れがあります。

また、首の後ろをトントンするのは鼻血を止める効果はありません。
出血を長引かせるだけです。

ティッシュを詰めるのは、詰めたティッシュを鼻から抜く時に、
粘膜を傷つけてしまうことがあります。
すると、再び鼻血が出てしまうのです。

では、どうすればいいかというと、

  • 冷たいタオルで冷やす
  • 座って軽く鼻をつまんで5分ほど待つ

こうしたことが効果的です。
その際、鼻血が垂れてこないようにしたいなら、
脱脂綿などを使うと鼻血を抑えることができます。

 

鼻血が出ないようにするための対策

 

鼻血を出さないためには、

  • ケガに気をつける
  • 体温調節に気をつける
  • ストレスをためないようにする

ということが大切です。

ケガとストレスについてはお伝えしましたが、
子供は体温が熱すぎるとのぼせてしまいます。
そうならないために体温調節を行い適正な体温を保つことが大切です。

また、子供の鼻血は粘膜が弱いことが原因と先ほどお伝えしました。
なので、粘膜を強化するような食生活をすることも鼻血予防には効果的です。
粘膜を強化するために必要な栄養素はビタミンAです。

ビタミンAを多く含む食材に、

  • たまご
  • ほうれん草
  • 人参
  • レバー
  • うなぎ
  • 春菊
  • しそ

などがあります。
こうしたものを含んだバランスのとれた食事をすることが
鼻血を防ぐためにも重要なことです。

 

これらの対策をしてそれでも鼻血が頻繁に出る、
止まらないという場合には病院へ行くようにしましょう。
その際は、耳鼻科へ行ってみることをおすすめします。

鼻血が出た場合でも焦らずに対応するようにしましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ