年賀状の宛名の書き方は?夫婦・家族の連名はどうすればいいの?

年賀状って毎年書くものですが、
人によっては久しぶり、または、初めてという人もいます。

学生の時にはほとんど出すことがなくても、
就職、結婚とすると嫌でも年賀状を書く必要は出てきます。

スポンサードリンク

出す相手によっても書き方が変わったりなど、
いろいろと難しいこともあると思います。

そこで今回は、

  • 年賀状の宛名の書き方の基本
  • 年賀状の宛名の連名の書き方

これらのことについて確認しておきましょう。

gashi_akemashite

 

年賀状の宛名の書き方の基本

 

年賀状を書く時に迷うのが宛名の書き方です。

「名前と住所を書けばいいだけじゃないの?」

と言われればたしかにその通りなんですが、
基本的な決まり事はあります。
[colored_bg color=”light‐green” corner=”r”]

  • 修正テープや修正ペンを使わない
  • 赤色で宛名を書かない
  • 二重線で訂正できない
  • 名前には省略形の漢字ではなく、正しい漢字を使う
  • 上司・先輩など目上の方へは縦書きが一般的

[/colored_bg]
などがあります。
これに関しては、黒色で丁寧に間違えないように書けば特に問題はありません。

住所を書く時には、
都道府県名から書き始め、
マンション名などは住所よりも少し下げて書くようにするとキレイに書けます。

この時、住所を省略して書くことはやめておきましょう。
失礼な印象を与えてしまうこともあります。

番地など数字を書く場合は、縦書きでは一般的に漢数字を使います。

 

年賀状の宛名の連名の書き方

 

一般的な場面での宛名の書き方

宛名にい複数の人を連名で書く場合には、
1人ずつ名前の後に「様」を付けるのが基本です。

スポンサードリンク

人数が多く、全員の名前を書ききれない場合は
「〇〇御一同様」でも大丈夫です。

atena_renmei
(http://www.nengasyotyuu.com/mamechishiki/card/ より引用)

こちらを例とすると、
葉書大介様・文子様と書いてありますが、
「葉書家御一同様」でも問題ないということです。

この時にやってはいけないことが、
「葉書大介・文子様」とまとめて片方にだけ「様」をつけることです。
これはやってはいけません。覚えておきましょう。。

連名での敬称は基本的には「様」ですが、
子供の場合は「くん」、「ちゃん」でも問題ありません。

 

ビジネスの場面での宛名の書き方

先ほどは親戚、友人、同僚などへの書き方でしたが、
今度は会社宛での場合です。

仕事の関係で年賀状を出す場合は、基本的に連名は使いません。

年賀状を保管する際に、連名だと受け取った側が混乱してしまうのです。
担当者が複数いる場合は、

それぞれ別で年賀状を送る
連名ではなく、宛名を部署全体にして年賀状を送る

という方法があります。

部署全体に年賀状を送る例としては、

「○○株式会社 ~~部 御中」

と書きます。

この時、間違ってはいけないのが、

「○○株式会社御中 ~~部御中 □□部長様」

のような表現です。
これはやってはいけません。

個人宛にする場合は、

「○○株式会社~~部 部長□□様」

としましょう。

年賀状を書くことは意外と決まり事が多く難しいものです。
特に、企業宛に書く時などビジネスの場面では気をつけないといけないことがあります。

間違えた書き方をしてしまうと、
評判を落としてしまうことがあり、
相手の気分も害してしまうことがあります。

そうならないためにも、
年賀状を出す際には正しい書き方を確認してから書くようにしましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ