立春の候とはいつからいつまで?意味、時期、読み方について

「立春の候」
これは時候の挨拶で使われる季語です。

スポンサードリンク

今回は、

  • 立春の候の読み方・意味・時期
  • 「立春の候」の手紙での使い方・例文

これらのことについて見ていきましょう。

JS745_haruwomatutubominoki500-thumb-750x500-2662

 

立春の候の読み方・意味・時期

 

立春の候」は「りっしゅんのこう」と読みます。

立春とは春の最初の日を意味します。
春の最初とはいうものの、実際は冬の寒さが厳しい時期です。
実際の春はもう少し先のこととなります。

挨拶文として「立春の候」は2月の初旬に使われる季語です。

 

「立春の候」の手紙での使い方・例文

 

立春の候を手紙の挨拶で使うには、

スポンサードリンク
  • 立春の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 立春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 立春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 立春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 立春の候、皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。

などの使い方が時候の挨拶としてあります。

また、この時期を表現するものとして、

  • 立春とは申しますが、まだ寒さ厳しき日が続いております。
  • 春の訪れが待ち遠しいですが、お元気にされてますか。
  • 春も近いと思わせるようになりましたが、お変わりありませんか。

といった書き方もできます。

また、結びとして、

  • まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。
  • 立春とは申しますが、お風邪など召しませぬようお気を付けください。
  • 皆様が、良き春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。

などの言葉でしめるといいでしょう。

また、立春の候の他にも2月に使われる時候の挨拶の言葉として、

  • 厳寒の候
  • 余寒の候
  • 残寒の候
  • 残雪の候
  • 残冬の候
  • 晩冬の候
  • 向春の候
  • 春寒の候
  • 梅花の候
  • 軽暖の候

などがあります。
参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ