晩冬の候とはいつまで?意味、時期、読み方について

「晩冬の候」
これは時候の挨拶で使われる季語です。

スポンサードリンク

今回は、

  • 晩冬の候の読み方・意味・時期
  • 「晩冬の候」の手紙での使い方・例文

これらのことについて見ていきましょう。

SSE_sakuranoki500-thumb-753x500-1443

 

晩冬の候の読み方・意味・時期

 

晩冬の候」は「ばんとうのこう」と読みます。

晩冬とは「冬の終わりに差しかかる頃」を意味します。
立春を迎えて、晩冬へつながっていきます。
春がもうすぐという時期ですね。

挨拶文として「晩冬の候」は2月中旬から3月上旬に使われる季語です。

 

「晩冬の候」の手紙での使い方・例文

 

晩冬の候を手紙の挨拶で使うには、

スポンサードリンク
  • 晩冬の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 晩冬の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 晩冬の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 晩冬の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 晩冬の候、皆様にはいつもながらお変わりなく何よりに存じます。
  • 晩冬の候、寒さ厳しい季節ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

などの使い方が時候の挨拶としてあります。

また、この時期を表現するものとして、

  • まだまだ寒さが厳しいですが、このところ日が長くなったように思えます。
  • 暦の上では春とはいえ、まだまだお寒むいですね。いかがお過ごしですか。
  • 寒気も少しずつ緩みはじめましたが、皆様いかがお過ごしですか。

といった書き方もできます。

また、結びとして、

  • まだまだ寒さが厳しいですが、くれぐれもご自愛ください。
  • 皆様が、良き春をお迎えになりますようお祈り申し上げます。
  • 何かとご多用とは存じますが、くれぐれもご無理などなさらないようご自愛ください。

などの言葉でしめるといいでしょう。

また、晩冬の候の他にもこの時期に使われる時候の挨拶の言葉として、

  • 残寒の候
  • 残雪の候
  • 残冬の候
  • 向春の候
  • 春寒の候
  • 梅花の候
  • 軽暖の候

などがあります。
参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ