節分の豆まき!その由来と正しい方法について

「鬼は~外!福は~内!」

この言葉は日本人なら誰もが聞いたことある言葉です。
節分の豆まきの言葉です。

では、なぜ節分に豆をまくのでしょうか?

スポンサードリンク

もし、子供に、
「なんで節分には豆まきをするの?」
と聞かれたら答えられますか?

昔から当たり前のように豆まきするものだと思っていたので、
いざ聞かれたらなんて答えればいいかわからないという人も多いはずです。

そこで今回は、

  • 節分の豆まきの由来は?どんな意味があるの?
  • 節分の豆まきの正しい方法は?

これらのことについて見ていきましょう。

setsubun_mamemaki

 

節分の豆まきの由来は?どんな意味があるの?

 

節分とは、季「節」の「分」かれ目という意味があります。
春夏秋冬それぞれの季節が始まる節目を表します。

こうして考えると年に4回は節分があるはずなのですが、
なぜか2月に1回だけしかありません。

旧暦に立春正月という言葉がありました。
これは、立春を1年の最初であり大晦日と同様に重要な日と考える言葉です。

こうしたことから立春の前日の節分が重要視されるようになったのです。

では、この日に豆まきをするのはなぜなのでしょうか?

豆まきは元々は中国の文化からきているものです。
古来、厄を払う行事が大晦日に行われていました。

この中で、鬼を厄(災害や疫病、飢饉など)と仮定して、
豆をまくことで厄を払うとしていたのです。

この儀式が豆まきの由来とされています。
災い=鬼を退治することで無病息災を祈るという意味が豆まきにはあるのです。

子供に簡単に説明するなら、

スポンサードリンク

「昔は1年の始まりが節分の日だったんだよ。
鬼は病気とか事故のことで、
豆をまくとそれらから守ってもらうことができるんだ。
今年も健康でいられるためにその日に豆まきをするんだよ。」

ってかんじですね(^^)

でも、なんで豆をまくの?
と思われるかもしれません。

豆は「魔滅(まめ)」と書きます。
豆を「鬼=魔」の目に投げて鬼を退治するという意味が豆まきにはあります。

つまり、「魔の目(魔目⇒まめ)」に豆を投げて、
「魔を滅する(魔滅⇒まめ)」ということです。

通常は「豆」という漢字が一般的ですが、
豆まきにはこのような意味が含まれているのです。

 

節分の豆まきの正しい方法は?

 

豆まきはどうするのが正しい方法なのか見ていきましょう。

豆まきに必要なものは、

  • 落花生
  • 福豆
  • お面

です。

落花生が一般的な家庭ではなじみがあるものですが、
福豆を使用するなら豆は炒ったものを使うようにしましょう。

これは、生の豆を使った場合、
拾うのを忘れると豆から芽が出てしまい、
それが縁起がよくないとされるからです。

豆まきをする時には
「鬼は~外!福は~内!」
という掛け声はご存知かと思います。

「鬼は~外!」の掛け声の時に家の窓や玄関から家の外に向かって投げます。
「福は~内!」の掛け声の時は部屋の中にまきます。

家がマンションの場合は外にまくと迷惑がかかるのでやめましょう。

鬼のお面をお父さんがつける場合は全力でお父さんに豆をぶつけましょう(笑)
(あまりお父さんをいじめてはいけませんよ^^)

豆まきが終わったら、豆を拾って食べましょう(^^)
この時、自分の年+1個の豆を食べるようにします。
理由は、数え年の分の豆を食べることで、今年の厄祓いになるからとされています。

豆の種類や豆の数は地域によって異なる場合もあります。
参考までに考えていただければと思います。

節分は最近ではあまり重要視されない傾向がありますが、
古くからある風習です。
子供に伝える場合は楽しみながらできるものでもあります。

豆まきをする際には楽しんでしてくださいね(^^)

スポンサードリンク

このページの先頭へ