卒園式のママの服装はどんなコーデがいいの?恥をかかないためにはコレ!

子供の入園式が終わったと思ったら今度は卒園式があります。
時間が経つのは早いですね~(^^)

幼稚園・保育園の最後を飾るのが卒園式です。

卒園式では主役はあくまでも子供ですが、母親がついていく場合、
どうしても気になるのが服装です。

主役は子供なので、目立ちすぎるのはいけませんが、
卒園式というイベントに合ったちゃんとした服装は重要です。

スポンサードリンク

「服装なんて自分の好きなものならなんでもいいんじゃないの?」

もしかしたらこう思うかもしれませんが、
卒園式には卒園式に合った服装・コーディネートというものがあります。

これを間違えてしまうと、
自分が恥をかくだけではなく、子供も恥ずかしい思いをしてしまいます。

子供は意外とそうゆうことに敏感です。
なんとなく自分のママが他のママと違うというのを感じてしまいます。

子供にとっての幼稚園・保育園を最後までいい思い出にさせてあげるためにも
ちゃんと準備をして卒園式に臨みましょう。
そこで今回は、

  • 卒園式の服装について
  • 恥をかかないためには?
  • 卒園式の持ち物

これらのことについて見ていきましょう。

youchien_sotsuenshiki

 

卒園式の服装について

 

卒園式の後にはすぐ小学校の入学式が控えています。
そのため、卒園式と入学式の両方で着ることができる服を用意しようと考える人はいます。

ですが、ここは注意してください。

入園式や入学式は「明るめの色」が定番ですが、
卒園式や卒業式は「暗めの色」が基本となります。

近年ではこうした傾向はかなり薄れてはきましたが、
基本的には卒園式は別れの場なので、暗い色・濃い色の服装が主流なのです。

ただ、これは金銭的な事情もあるので、
必ずこうでなければいけないというわけではありません。

卒園式と入学式の両方で着たいという場合は、
”間をとった色”というのも1つの方法です。

ベージュ、ネイビー、グレーなどの色なら
卒園式と入学式の両方で着ることができます。

実際に着る服はスカートのスーツ、パンツスーツ、ワンピースこのあたりが人気で、
どれでも問題はありません。

ワンピースかスーツで悩むという場合は、
ワンピース+ジャケットというのも人気のコーディネートです。
これらは別々で使うことができるため重宝するようです。

インナーの色を明るくする、デザインを変えるなどをすることで、
卒園式と入学式のどちらにも対応することができます。

 

恥をかかないためには?

 

せっかくの子供の卒園式で恥をかかないためには、
やめておくべき服装を知っておく必要があります。

スポンサードリンク

あまり目立ちすぎるのはよくありませんが、
それなりの華やかさは必要です。
ですが、

  • ド派手な色のスーツ
  • カジュアルすぎるワンピース
  • あまりに短すぎるスカート
  • 帽子や大きなアクセサリー
  • 派手な靴下・タイツ

これらは絶対にやめておきましょう。
これらがどんなものかはなんとなくわかると思います。

ピンクや水色のスーツ、ふりふりのワンピース、膝よりだいぶ上の丈のスカート、
帽子や大きなリボンなどのアクセサリー、柄の入った靴下やタイツ、
これらは卒園式の場にはふさわしくはないファッションです。

卒園式は基本的には黒など暗い色の服装が適しています。
服を我慢したからといって他を派手にするというのはよくありません。

ちゃんとした場でそのような服装の人は”そーゆー目”で見られます。

何度も言いますが、卒園式の主役は子供です。
子供に迷惑をかけないためにも場をわきまえたファッションを心がけましょう。

 

卒園式の持ち物

 

卒園式に出席する際の持ち物は、

  • コサージュ
  • バッグ
  • ハンカチ
  • スリッパ
  • カメラ

などがあると便利です。

 

コサージュ

先ほどやめておいたほうがいいファッションをお伝えしました。
ですが、どうしても服装が全体的に暗くなってしまうということもあります。

そのような時におすすめなのが、コサージュです。

コサージュは生花のものもあるので、
ちょっとした個性を出すならこうしたものもアリですね。

コサージュをつける場所は左胸です。
お間違えのないよう気をつけてくださいね。

 

バッグ

バッグは靴とスーツと同系色で揃えるというのもオシャレです。
また、配布物を持ち帰るために、サブバッグもあると便利です。

サブバッグはいろいろなものを入れても大丈夫なように、
紙袋などを持って行くと便利ですよ。

 

ハンカチ

涙なしでは卒園式は終われません(笑)
涙もろい人にはハンカチは必須アイテムです。

 

スリッパ

会場によってはスリッパがない場合もあります。
スリッパを自分で用意する場合は
服装とのコーディネートも考えて用意するようにしましょう。

 

カメラ

子供の晴れ姿を記録しておくためにもカメラやビデオカメラは必要です。
ここで注意があります。

充電を忘れないでください!

いざ撮ろうと思っても充電切れでは全く意味がありません。
意外とこうゆうことってあるんですよ。

ちゃんと記録しておくためにも充電は忘れないようにしてください。

 

ここまで卒園式に合わせた服装、恥をかかないために必要なこと、持ち物
についてお伝えしてきました。

ほんと子供の成長は早いですね~(^^)

幼稚園・保育園での最後の晴れ姿を満喫してくださいね。
卒園式をいい思い出にするために今回の記事が参考になればと思います。

卒園式でのママの髪型についてはこちら

卒園式の次は入学式!入学式でのママの服装についてはこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ