卒業式の母親の服装は?どんなスーツがいいの?

小学校、中学校、高校と時間が経っても変わらないイベントがあります。
それは卒業式です。

卒業式は学校生活の最後のイベントであり、大切なものです。

卒業式は子供だけではなく、親にとっても特別な日となります。
その特別な卒業式にふさわしい服装は決まっていますか?

スポンサードリンク

「卒業式には何を着て行こうかなぁ?」

と意外と悩むものです。
そこで今回は、

  • これはダメ?やってはいけない服装は?
  • 服装選びのポイント
  • おすすめの服装コーディネート

これらのことについて見ていきましょう。

sotsugyo_title

 

これはダメ?やってはいけない服装は?

 

いきなりですが、卒業式で「やってはいけない服装」があります。
正確には恥をかいてしまう服装ですね。

これは別に難しい服装ではなく、常識的に考えれば誰でもわかるものです。

  • 普段着
  • カジュアルすぎる服装
  • 喪服
  • 明るすぎる色の服

これらは避けるべき服装です。
自分だけではなく、子供も恥ずかしい思いをすることになります。
せっかくの卒業式が嫌な思い出になってしまいます。

ジーンズやスウェットなどの普段着、ふりふりのワンピース、
ピンクなどの明るい色のスーツ、
これらはやめておいたほうがいいです。

喪服は一見するとブラックフォーマルともとれるかもしれませんが、
それでもやめておくことが無難です。

基本的に着る服装は自由ですが、
それでも自由の中には節度があります。

40代、50代の方が多く参加する卒業式です。
恥をかかないためにも最低限のマナーは守る必要があります。

スポンサードリンク

こうしたことを前提に服装選びのポイントを見てみましょう。

 

服装選びのポイント

 

卒業式での母親の服装は、

  • 黒・グレー・ネイビーなどの濃い色のシンプルなスーツ
  • 動きやすさがほしいならフレアスカート
  • フリルブラウスなどのインナー
  • 肌色に近いいろのストッキング
  • 高いヒールよりもパンプス
  • 派手すぎないネックレス
  • 服装の色に合わせたバッグ
  • ワンポイントでコサージュ

これらは必ず必要なものではありませんが、
服装に悩む場合はこうしたポイントを参考に選ぶと選びやすいです。

これらは通販で簡単に手に入るものばかりです。
インナーだけをいつもとは違うものにするなど、
ちょっとした工夫で卒業式の雰囲気を演出することができますよ。

 

おすすめの服装コーディネート

 

卒業式、その後の謝恩会も考えると、
シンプルなフォーマルの服装が望ましいです。

和服での参加も問題はありませんが、
和服に関してそれほど詳しくない場合は避けたほうが無難です。

和服には季節や場所などによって微妙に異なる決まりがあるため、
手間を考えるとおすすめはできません。

おすすめの服装は、やはりスーツスタイルです。
小学校、中学校、高校とどの卒業式でも圧倒的に人気が高いのがスーツスタイルです。
スーツスタイルと言っても様々なものがあり、

  • ノーカラージャケット
  • ワンピース+ジャケット
  • テーラードジャケット
  • パンツスーツ

などがあります。

これらにフリルブラウスやコサージュなどのコーディネートで、
変に目立つことはなく、上品な華やかさを演出することができます。

卒業式は子供にとっても親にとっても大切なイベントです。
思い出に残るようなイベントになるといいですね(^^)

卒業式での母親の髪型についてはこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ