3月の時候の挨拶一覧!上旬、中旬、下旬それぞれの使い方は?

3月はまだ寒い地域もありますが、
春に近づいている時期でもあり日に日に温かくなってきます。

3月はまだ冬の名残もありつつ、春の兆しも見える季節であり、
時候の挨拶では温かくなってきたということを表現することが適しています。

スポンサードリンク

3月という時期にはどのような挨拶文が必要なのか、今回は、

  • 3月の時候の挨拶
  • 3月の時候の挨拶のビジネス文書での使い方

これらのことについて見ていきましょう。

MARI85_awaihikaritopinksakura20120505500-thumb-900x600-4243

 

3月の時候の挨拶

 

3月の時候の挨拶に使える季語として

  • 早春の候
  • 仲春の候
  • 軽暖の候
  • 浅春の候
  • 弥生の候
  • 春暖の候
  • 春分の候
  • 陽春の候
  • 春色の候
  • 萌芽の候

これらがあります。
この時、「候」ではなく「みぎり」とすることも可能です。

 

3月上旬の時候の挨拶

  • 冬の名残のまだ去りやらぬ時候、いかがお過ごしでしょうか。
  • 日ごとに暖かくなり、すっかり春らしい陽気になりました。
  • 日差しのうららかさに春の到来の喜びを感じております。
  • 春色なごやかな季節、皆様にはご清祥のことと存じます。
  • ひと雨ごとに春の色が濃さを増すこのごろ、つつがなくお暮らしですか。
  • 暖かかったり寒かったりの毎日ですが、いかがお過ごしですか。
  • 仲春のみぎり、寒さもだいぶゆるんでまいりました。
  • 寒さもようやく衰えはじめましたが、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
  • 春とはいえまだ浅く、寒さの名残が感じられる日が続きます。
  • 早春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 春一番が吹き、さすが春ですね。暖かくなってまいりました。
  • まことにしのぎよい時節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 寒さもさすがにゆるみ、ようやく過ごしやすい季節となりました。
スポンサードリンク

 

3月中旬の時候の挨拶

  • めっきり春らしくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 余寒も薄れ、一雨ごとに暖かくなって参りました。
  • 余寒も薄らぎ、外出がうれしい季節となりました。
  • 野山の雪も解けはじめ、ようやく当地にも春がめぐってまいりました。
  • 卒業式のシーズンを迎えられ、何かと忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
  • そろそろ花時となり、何とはなしに気持ちのはずむこのごろです。
  • 春一番が吹きわたり、いよいよ本格的な春の到来です。
  • 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、まだまだ寒い日が続いております。
  • 春色にわかに動きはじめ、心踊る季節となりました。
  • 野山にさわやかな風が吹く頃となりました。
  • 春一番が吹き、いよいよ春も本番です。

3月下旬の時候の挨拶

  • 天も地もすっかり春のよそおいをこらしてきました。
  • 万物が躍動し、心身ともに蘇る春となりました。
  • ひと雨ごとに春の陽気を増してまいります。
  • 心地よい春風の吹く季節となりました。
  • 春めいたうららかな日和が続いております。
  • 暦の上では春分とは申しましても、まだ肌寒い毎日です。
  • 梅も散り、花桃のつぼみもだいぶふくらんできました。
  • さわやかな風がそっと頬をなでていく、気持ちのよい季節となりました。
  • やわらかな春雨に草木がいっそう背伸びをするようです。
  • めっきり春らしくなってまいりました。
  • 桜前線も次第に北上してまいりました。
  • 桜花まさにいっせいに花開かんとする時節となりました。
  • 桃の節句も過ぎ、いよいよ芽吹きの季節です。

3月上旬、中旬、下旬のそれぞれの時期に適した挨拶の表現を紹介しました。
これらを例にオリジナルの表現をするというのも1つの方法です。

 

3月の時候の挨拶のビジネス文書での使い方

 

上記で紹介した時候の挨拶は手紙やビジネス文書の一部に使う表現です。
こうした文章を書く時には少しかための表現をしたい時があると思います。

その時には、最初に紹介した「~の候」「~のみぎり」という表現が適しています。

書き出しをこの表現で始め、季節の表現につなげていくということで、
かたさも残しつつ、季節の移り変わりも表現することができます。

あまりにもかたくなりすぎると、読む側も疲れてしまうので、
硬さと柔らかさのバランスをとるように文章を書くときれいな文章になります。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ