4月の時候の挨拶!上旬、中旬、下旬での使い方と例

4月は出会いの季節です。
職場でも異動や新たな人との出会いがあり、
引っ越しなどもあり、気分が一新されることが多いです。

そんな季節には何かと挨拶をする機会も多くなります。

スポンサードリンク

ビジネス文書や手紙での挨拶をする時に
どのような言葉が必要か確認できていますか?

この時期にはこの時期に適した挨拶があります。

今回は、

  • 4月の時候の挨拶一覧
  • 4月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

これらのことについて見ていきましょう。

ELL92_haruranman20130328500-thumb-903x600-4235

 

4月の時候の挨拶一覧

 

4月の時候の挨拶に使える季語として

  • 花冷え候
  • 桜花の候
  • 春爛漫の候
  • 桜花爛漫の候
  • 春陽の候
  • 春粧の候
  • 仲春の候
  • 麗春の候
  • 軽暖の候
  • 春暖の候
  • 春日の候
  • 晩春の候

これらがあります。
この時、「候」ではなく「みぎり」とすることも可能です。

 

4月上旬の時候の挨拶

  • 桜見物の好季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 花の香りがそよ風に運ばれてくる候となりました。
  • 花見の季節を迎え、身も心も生き生きしてくるような気が致します。
  • 春たけなわのころ、ここかしこを吹く風も桜色にそまって見える季節です。
  • 暖かな春の日ざしがなによりうれしい季節となりました。
  • 希望にあふれる輝かしい春をお迎えのことと存じます。
  • 春らんまんの快適な季節を迎え、ますますご活躍のことと存じ上げます。
  • お花見シーズンなんとなく心も華やいでまいります。
  • 花便りが一段とにぎやかな季節となりました。
  • 花の宴たけなわの春となり、ますますご清栄のことと存じます。
  • 桜花満開の好季節がやってまいりました。
  • お花見の季節となり、気持ちまで華やいでまいります。
スポンサードリンク

 

4月中旬の時候の挨拶

  • 新入社員の若い熱気に日々刺激を受けているこのごろです。
  • 木々もすっかり芽吹き、緑色が日一日と濃くなってまいりました。
  • 春風が心地よいこの頃、このときばかりは出無精の私の足も外に向けられます。
  • 春嵐の候、満開の桜もきのうの雨ですっかり散ってしまいました。
  • 春のうららかな日ざしが、顔をのぞかせた若草にも降りそそいでいます。
  • 春嵐の候、落下惜しまれる季節。お元気でしょうか。
  • 春雨が音もなく降り続いております。
  • 若葉の緑が目にも鮮やかなこの頃、心若やぐ季節となりました。
  • 草木の緑が萌え出して、春の気配もようやくととのってまいりました。
  • 春の陽気のせいか、物憂く時を過ごすことの多いこのごろです。
  • 春の日差しが心地よくなりましたが、お元気でしょうか。

 

4月下旬の時候の挨拶

  • 春も、もう半ばを過ぎてしまいました。
  • 5月も間近ですが、もう新しい職場(場所)にも慣れましたか。
  • あんなに楽しませてくれた桜もすっかり散ってしまいました。
  • はや穀雨の季節を迎え、今日は静かな午後の雨が降りそそいでおります。
  • 花の盛りもすぎ、日中は汗ばむほどの陽気となっています。
  • まだ4月と申しますのに、額の汗をぬぐうような日もございます。
  • 桜の季節もいつしか過ぎ、木々の緑が濃さを増してきたように感じられる今日この頃です。
  • 暖かい南風が吹き始め、なんとはなしに心はずむ今日この頃です。
  • 吹く風も柔らかな季節、お元気でお過ごしのことと存じます。
  • 卯月にふさわしく、庭の卯の花がようやく白い花を咲かせました。
  • しめやかな雨に、川辺の柳の緑もかすんで見える静かな春の午後となりました。
  • 早足に桜の季節もすぎて、葉桜の季節となってまいりました。
  • ゴールデンウイークも間近となりましたが、何か予定は立てましたか。

ここまで4月上旬、中旬、下旬のそれぞれの時期に適した挨拶の表現を見てきました。
これらを例にオリジナルの表現をするというのも1つの方法です。

 

4月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

 

4月の時候の挨拶を手紙で使うには、

  • 桜花の候、皆様には風邪など召されずお過ごしでしょうか。
  • 春暖の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 仲春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 晩春のみぎり、貴社におかれましては益々ご繁栄のこととお慶び申し上げます。

などのように使います。
上記で紹介した例文よりも若干硬めの表現になるため、
ビジネス文書やかしこまった手紙などで有効な表現です。

この時期を表現する言葉として、
お花見、新学期、入社式、入学式、桜前線、ゴールデンウィーク、
桜、椿、やまぶき、チューリップ、つつじ、春菊、さより、
などがあります。

こうした言葉を交えて挨拶文を作ると季節感が出てきます。

また、結びとして、

  • 季節の変わり目、くれぐれもご自愛ください。
  • 花冷えの時節柄、お体をぐれもご自愛ください。
  • 新たな場所で更なるご発展とご活躍をお祈りいたします。
  • 春爛漫のこの頃、健やかなる日々をお過ごしください。

などの言葉でしめることができます。

季節感を意識しつつ、相手を気遣うことができるので参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ