入学祝いの金額の相場は?甥や姪にはいくら?プレゼントは何がいい?

甥っ子、姪っ子の成長は早いものです。
ついこの間まで小さかったと思ったら、もう幼稚園入園。
そして、小学校、中学校、高校、大学とどんどん大きくなっていきます。

いや~、時間が経つのは早いもんですね(笑)

と成長を見守っているだけならいいのですが、
成長するにつれてお祝いすることも多くなってきます。

スポンサードリンク

進学するたびに入学祝いというものが必要になってきます。

「今回はいくら包めばいいんだろう?」

成長するにつれていくらぐらいがいいのかわからないこともあります。
マナーがなってない、非常識だなんてことにならないように、
入学祝いについて確認しておくことが必要です。

そこで今回は、

  • 入学祝いは年齢によって金額が違うの?
  • 甥や姪への入学祝いの相場
  • 入学祝いにはどんなプレゼントがいいの?

これらのことについて見ていきましょう。

nyugaku_blazer

 

入学祝いは年齢によって金額が違うの?

 

幼稚園に入園、小学校入学、中学校入学、高校入学、大学入学、
と入学祝いといっても様々なパターンがあります。

これが悩むところですよね。

「〇〇ちゃんは小学校入学だからいくらにすればいいんだろう?」
「△△くんは中学校入学だからいくらがいいのかな?」

このように年齢によっていくら包めばいいのか悩むことがあります。
年齢によって金額を変えなければいけないのかというと、
基本的には金額を変えなければいけないというルールはありません。

なので、中学校の入学祝いだから〇〇円!のような決まりはないのです。

ただ、やはり入学祝いにも相場というものはあります。
みんながどれぐらい包んでいるのか気になりますよね?

次は相場について見ていきましょう。

 

甥や姪への入学祝いの相場

 

入学祝いの相場を見てみましょう。

  • 幼稚園・保育園の入園祝い・・・3000~5000円
  • 小学校の入学祝い・・・5000~10000円
  • 中学校の入学祝い・・・5000~10000円
  • 高校の入学祝い・・・10000~20000円
  • 大学の入学祝い・・・10000~30000円

大体このあたりが入学祝いの金額の相場のようです。
平均すると大体10000円ぐらいになります。

ただ、これは贈る側の年齢にもよることなので、
無理に高い金額が必要ということはありません。

あまりに高い金額だと受け取った相手に負担をかけることになるので、
気を遣わせないぐらいの金額が”ちょうどいい”金額です。

また、入学祝いは入学式の1ヶ月から1週間くらい前までに贈るようにしましょう。
入学準備をする時期に渡すほうが相手にも喜ばれます。

入学式当日に渡すとすでに全部そろえてしまったということもあります。
なので、前もって準備しておきましょう。

スポンサードリンク

 

入学祝いにはどんなプレゼントがいいの?

 

入学祝いではお祝い金とは別でプレゼントを贈ることもあります。

お祝い金にするか、それともプレゼントにするか、
その両方にするかというのは自由ですが、
プレゼントを贈る際にはどのようなものがいいか見てみましょう。

 

小学生への入学祝いプレゼント

  • えんぴつ
  • ハンカチ
  • 時計

小学校への入学祝いでは、これからの生活に備えてこうしたものがあります。
えんぴつやハンカチは学校生活で使うもの、
腕時計や目覚まし時計といった時計は常に必要なものです。

実用性を考えるならこうしたものはおすすめです。

 

中学生への入学祝いプレゼント

  • 電子辞書
  • 財布
  • ボールペン
  • 腕時計

中学校への入学祝いは勉強を頑張って欲しいという意味も込めて、
電子辞書やボールペンなども喜んでもらえることが多いです。

ボールペンはデザイン性に優れたものもあるので、
おしゃれに目覚める年代なのでこうしたものもアリですね。

 

高校生への入学祝いプレゼント

  • 腕時計
  • 財布
  • ギフト券
  • ボールペン
  • 図書カード

高校生の入学祝いでは腕時計や財布といったファッション関連のものや、
ギフト券や図書カードといった自分で使い道を考える必要があるもの、
こうしたものが喜んでもらえることが多いです。

 

大学生への入学祝いプレゼント

  • 財布
  • パスケース
  • 腕時計
  • バッグ
  • ポーチ

大学生の入学祝いはこれから大学へ通うためのバッグ、
通学定期を収納するパスケースなどが喜ばれます。

ポーチも女子の場合は必要なので喜んでもらえることだと思います。
勉強に必要なものというよりも、生活に必要なものが重宝されます。

 

プレゼントは相手を喜ばすためといって高価なものを考えるかもしれませんが、
特別高価なものは必要ありません。

高価なものだと貰った相手には負担をかけることになります。
気を遣わせない程度の値段のプレゼントをするようにしましょう。

入学祝いは節目のお祝いです。
もらった相手に喜んでもらえるといいですね(^^)

スポンサードリンク

このページの先頭へ