早春の候とはいつまで?意味、時期、読み方について

「早春の候」
これは3月の時候の挨拶で使われる季語です。

3月は季節の変わり目でもあり、イベントの多い時期です。
イベントの多い時期には季節の挨拶をすることも多くなってきます。

スポンサードリンク

「早春の候」という言葉を使った挨拶について今回は、

  • 早春の候の読み方・意味・時期
  • 早春の候の手紙での使い方・例文

これらのことについて見ていきましょう。

JS721_harunohajimari500-thumb-750x500-2698

 

早春の候の読み方・意味・時期

 

まず、「早春の候」は「そうしゅんのこう」と読みます。

早春という文字からも想像できる通り、春の始め頃を指す言葉です。
早春の候とは、春を感じ始める気候という意味になります。
日に日に春が近づいていることがわかります。

挨拶文として早春の候は3月初旬頃に使われる季語です。
春の始まりに使う言葉として適しています。

 

「早春の候」の手紙での使い方・例文

 

早春の候を手紙の挨拶で使うには、

スポンサードリンク
  • 早春の候、ますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 早春の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
  • 早春の候、皆様風邪など召されずにお過ごしでしょうか。
  • 早春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • 早春の候、皆様にはお変わりなくお元気とのことで何よりに存じます。
  • 早春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

などの使い方が時候の挨拶としてあります。

季節感を表現するものとして、

  • 日増しに暖かになりましたが、皆様いかがお過ごしですか。
  • 花の便りも聞かれるようになりましたが~
  • 桜はもう咲きましたか。
  • 日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

といった書き方ができます。

また、結びとして、

  • 季節の変わり目なのでくれぐれもご自愛ください。
  • 年度末でお忙しいでしょうが、ご無理をなされずにお仕事に励まれてください。
  • 思わぬ花冷えにお風邪など召されませんようくれぐれもご自愛ください。

など季節の変わり目による体調を気遣う言葉などで締めるといいでしょう。

また、早春の候の他にも3月上旬頃に使われる時候の挨拶の言葉として、

  • 軽暖の候
  • 浅春の候
  • 春暖の候

などがあります。
参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ