牛乳を飲むと下痢になる原因は?お腹をくださないための対処法は?

「ゴロゴロ・・・ゴロゴロ・・・」

牛乳を飲むとお腹を壊してしまう・・・

朝起きて牛乳を一杯、夜お風呂から上がって牛乳を一杯、など、
牛乳を毎日の生活の中で飲むという人は多くいます。

スポンサードリンク

ですが、ゴロゴロとお腹がなって痛い、お腹が張る、下痢になってしまう、
という人も多くいます。

なぜ牛乳を飲むとお腹が痛くなって下痢になってしまうのでしょうか?

今回は、

  • 牛乳を飲むとお腹をくだす原因は何?
  • 牛乳を飲んでもお腹をくださないための対処法は?

これらのことについて見ていきましょう。

benpi_geri_woman

 

牛乳を飲むとお腹をくだす原因は何?

 

牛乳を飲んでお腹がゴロゴロなり、お腹をくだすというのは、
日本人なら珍しくないことです。

なぜお腹を壊してしまうのかというと、
牛乳には「乳糖」という成分が含まれていて、
その乳糖を分解できないからなのです。

このような症状を「乳糖不耐症」といい、
日本人は「乳糖不耐症」の人が多くいます。

牛乳に含まれる乳糖を分解するためには、
ラクターゼと呼ばれる酵素が必要です。
これがないと上手く消化できずに、下痢になってしまうのです。

なぜ日本人にこのような人が多いかというと、
乳製品を摂取する習慣が欧米と比較して少ないからとされています。
食に対する文化が異なることが体の違いにもつながってきているのです。

スポンサードリンク

 

牛乳を飲んでもお腹をくださないための対処法は?

 

牛乳を飲んでもお腹をくださないためには、

  • 牛乳を温めて飲む
  • 牛乳をゆっくり少しずつ飲む
  • 乳糖分解済み牛乳を飲む
  • 善玉菌を増やす

などの対処法が効果的です。
それぞれ見ていきましょう。

 

牛乳を温めて飲む

冷たい牛乳だとお腹を壊すけど、
温かい牛乳ならお腹を壊さないということがあります。

これは胃腸の負担を減らすからです。
胃腸の粘膜を助けることができ、腹痛は起こしにくいのです。

 

牛乳をゆっくり少しずつ飲む

牛乳は一気に飲むと下痢を起こしやすいです。
これは消化酵素が対応できなくなるからです。

なので、ゆっくりと少しずつ飲むことで、
体を慣らしていくと下痢を起こしにくくなります。

 

乳糖分解済み牛乳を飲む

市販の乳糖分解済みの牛乳があります。
お腹がゴロゴロする人のための牛乳なので、
お腹にやさしいのでこれもおすすめです。

 

善玉菌を増やす

牛乳を飲んでお腹をくださないためには、
体質改善、特に、腸内環境を改善することが大切です。

乳酸菌をとり、善玉菌を増やすことで
腸内環境を改善することができます。

ヨーグルト、チーズ、納豆などは乳酸菌を多く含んだ食材なので、
こうしたものを食事の際にとることで腸内環境を整えることができます。

また、精神的にストレスを溜め込むと悪玉菌が増えてしまいます。
すると腸内環境が乱れてしまうので、
なるべくストレスをためないようにすることが大切です。

これらの方法でもどうしても牛乳を飲めない、
飲むとお腹を壊して下痢が止まらない、嘔吐するなどの場合は、
無理に飲むことはやめておきましょう。

その場合は病院へ行ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク

このページの先頭へ