パンプスの靴擦れ対策!原因を知って防止しよう!

新しい靴を買って外を歩くとなんとなく気分がいいものです。

「このパンプスかわいくて♪」

気に入って買ったものならなおさらですよね。

スポンサードリンク

ですが、

「イタッ!」

やってしまいました。
靴擦れです。

せっかく気に入って買った靴なのに靴擦れを起こすと、
一気にテンションが下がってしまいます。

そうならないために今回は、

  • パンプスの靴擦れの原因は何?
  • パンプスの靴擦れ対策はどうすればいいの?

これらのことについて見ていきましょう。

fashion_high_heel

 

パンプスの靴擦れの原因は何?

 

靴擦れはかかとやつま先が歩いている時に靴と摩擦を起こし、
炎症が起きてなります。

これは

  • 足の形に合っていない靴をはいてる
  • 靴の底が厚く硬いので、靴が曲がりにくく歩きにくい
  • 深い靴なのでくるぶしの下の部分が当たる

などが原因です。
つまり、靴ずれは足もしくは靴に原因があるということです。

また、一般的に靴擦れというと、”かかと”の部分が多いですが、
ヒールやパンプスの場合は、”つま先”の靴擦れもあります。

足の重心が前にかかることでつま先に負担がかかります。
この時、足先のサイズがきついと痛くなってしまいます。

靴を買う時に履いてみて、明らかに痛いと感じる場合は、
デザインが気に入っても買わないことをおすすめします。

革が柔らかい場合は馴染みやすいので、
最初痛くても、徐々に慣れるということもありますが、
あまりにも硬い革の場合は馴染みにくいということが多いです。

そうすると、結局買ってもほとんど履かないなんてこともあります。
これではもったいないです。

特に、歩くことが多い場合(仕事、就活など)は、
かかとだけではなく、つま先も重要となってきます。

では、靴擦れを予防するにはどうすればいいのか見ていきましょう。

 

パンプスの靴擦れ対策はどうすればいいの?

 

パンプスの靴擦れの予防対策として、

スポンサードリンク
  • 靴擦れ防止用の絆創膏を貼る
  • 素足で靴を履かない
  • 靴を買う時は夕方
  • 革を柔らかくする
  • ワセリンを塗る

といった方法があります。
それぞれ見ていきましょう。

 

靴擦れ防止用の絆創膏を貼る

靴擦れするとその部分が痛くて絆創膏を貼ることがあると思います。
その絆創膏をあらかじめ靴擦れする前に貼っておくことで、
靴擦れを予防することができます。

普通の絆創膏でも問題ありませんが、
最近では靴擦れ専用の絆創膏というものもあります。

フィット感もあり、目立つこともないので、普通の絆創膏を貼りたくない場合は、
靴擦れ専用の絆創膏を試してみるというのもおすすめです。

 

素足で靴を履かない

パンプスを履く時は、靴下やストッキングを履きましょう。
素足でパンプスを履くと、足が直接靴と摩擦を起こすので、
靴擦れを起こしやすくなります。

その際、すべりやすい素材だと、
足が靴の中で動きやすくなるため靴擦れを起こしやすくなってしまいます。

なので、滑りにくい靴下やストッキングを履くようにしましょう。

 

靴を買う時は夕方

パンプスを選ぶ時、靴擦れしないためにはサイズがとても重要です。
サイズが合っていないと靴擦れを起こしてしまいます。

朝と夕方ではむくみによって足のサイズが異なります。

「午前中はちょうどよかったのに、夕方はキツイ!」
なんてこともあるので、
パンプスを買う時には夕方に買うのがおすすめです。

 

革を柔らかくする

新しく靴を買った時、
履く前に革を柔らかくすることは靴擦れ予防には大切なことです。

オイルやクリームなどを塗って馴染ませます。
その際に、オイルを塗るだけではなく、
揉み込んで革を柔らかくしましょう。

 

ワセリンを塗る

靴擦れを起こしやすいかかとにワセリンを塗っておくことで靴擦れ対策ができます。
ワセリンの他にも、ベビーパウダーなども有効です。

 

これらの方法で靴擦れを予防・対策することができます。
とにかく重要なことは、靴が足に合っていることです。

できるだけ試履をして、購入する前に足と靴が合っているかを確認しましょう。

それでもどうしても靴擦れがひどく痛い場合は、
病院へ行ってみることをおすすめします。

症状が悪化すると、
外反母趾、骨格の歪みなどにもつながることがあります。

オシャレも大事ですが、無理はしないようにしましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ