6月の時候の挨拶!上旬、中旬、下旬での使い方と例について

6月は夏が待ち遠しい季節です。
梅雨があり、寒暖差もあるため、
健康にも気をつけたい季節でもあります。

新生活も落ち着き、もうすぐ楽しみな夏です。
雨が続くことが多いのが大変なところですね。

スポンサードリンク

そんな季節にビジネス文書や手紙での挨拶をする時に
どのような言葉が必要なのでしょうか?

この時期にはこの時期に適した挨拶があります。

今回は、

  • 6月の時候の挨拶一覧
  • 6月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

これらのことについて見ていきましょう。

kazu89_ajisai500-thumb-815xauto-5860

 

6月の時候の挨拶一覧

 

6月の時候の挨拶に使える季語として

  • 入梅の候
  • 薄暑の候
  • 麦秋の候
  • 梅雨の候
  • 長雨の候
  • 短夜の候
  • 梅雨晴れの候
  • 初夏の候
  • 向暑の候
  • 夏至の候
  • 夏秋の候

これらがあります。
この時、「候」ではなく「みぎり」とすることも可能です。

 

6月上旬の時候の挨拶

  • 向暑のみぎり、いかがお過ごしでしょうか。
  • 初夏のさわやかな風がなんともうれしい季節になりました。
  • 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。
  • 半袖姿の人々も増え、快適な季節となってきました。
  • 梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。
  • 梅雨の前触れでしょうか、不安定な天気の今日このごろです。
  • 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。
  • 衣替えの季節となりましたが、つつがなくお過ごしのことと存じます。
  • 季節柄、昨日今日と湿っぽい風が吹いています。
  • うっとうしい季節となりましたが、ますますご清栄のことと存じます。
  • 樹々の緑深くなり、ますますご発展のほどお喜び申し上げます。
スポンサードリンク

 

6月中旬の時候の挨拶

  • 雨雲におおわれる毎日で、不安定な天候が続いています。
  • 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。
  • 今年もまた梅雨の季節がやってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 雨に濡れたあじさいの花が、ひときわあざやかに咲いております。
  • 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。
  • 梅雨空にうんざりする今日この頃ですが、お元気でしょうか。
  • 梅雨に濡れた木々の緑がいっそう深みを増しています。
  • 梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。
  • 梅雨が続いておりますが、お元気でしょうか。

 

6月下旬の時候の挨拶

  • 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、お変わりございませんでしょうか。
  • 梅雨明けも間近となり、いよいよ本格的な夏のおとずれですね。
  • 吹く風にもいよいよな夏めいた気配を感じるころとなりました。
  • 今年ももう半分過ぎますが、皆様お変わりございませんか。
  • 雨のうっとうしい日が続きますが、お元気にお過ごしですか。
  • まだ6月と申しますのに、例年にない厳しい暑さにおそわれています。
  • 早くも夏を思わせるような日ざしの強さに驚かされています。
  • 梅雨とはいえ、連日好天が続き、なんとはなしに心はずむ今日この頃です。
  • 長かった梅雨もようやくあがり、お元気でお過ごしのことと存じます。
  • 梅雨も明けたかのような夏の日差しが降り注いでおります。
  • 暑さが日ごとに増してまいりましたが、いかがお過ごしですか。

ここまで6月上旬、中旬、下旬のそれぞれの時期に適した挨拶の表現を見てきました。
これらを例にオリジナルの表現をするというのも1つの方法です。

 

6月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

 

6月の時候の挨拶を手紙で使うには、

  • 入梅の候、皆様には風邪など召されずお過ごしでしょうか。
  • 長雨の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 麦秋の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 短夜のみぎり、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

などのように使います。
上記で紹介した例文よりも若干硬めの表現になるため、
ビジネス文書やかしこまった手紙などで有効な表現です。

この時期を表現する代表的な言葉に「梅雨」があります。
地域にもよりますが、季節感を出したい場合にはこうした言葉を使うのも有効です。

また、結びとして、

  • 梅雨で運動不足になりがちですが、くれぐれもご自愛ください。
  • 梅雨冷えの肌寒い日もありますので、お体をぐれもご自愛ください。
  • 梅雨が明けたら、またお会いできますことを心よりお待ち申し上げます。
  • ご多忙中とは存じましたが、くれぐれもご無理なさらないようご自愛ください。

などの言葉でしめることができます。

季節感を意識しつつ、相手を気遣うことができるので参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ