蜂に刺されたらどうすればいいの?応急処置と刺されないための方法!

夏になると外に遊びに行くことが多くなります(^^)
暖かいからいろんなところへ出かけたいですよね。

自然が多いところへ出かける時に気をつけたいのが、虫刺されです。
特に”蜂”には注意が必要です。

蜂に刺されると痛みや腫れを引き起こすだけではなく、
場合によっては生命に関わる問題にもなってしまいます。

スポンサードリンク

「蜂に刺されたら尿をかければ大丈夫♪」

なんて聞いたことがあるかもしれませんが、
残念ながらそんなことはありません。

逆に雑菌に感染する恐れがあるぐらいです。

このような間違った方法ではなく、正しい対処法を知っておくために、
今回は、

  • 蜂に刺されたらまずは応急処置!
  • スズメバチに刺されたらどうなるの?
  • 蜂に刺されないためには?

これらのことについて見ていきましょう。

odekake_yama

 

蜂に刺されたらまずは応急処置!

 

蜂に刺されたらまずは応急処置です。

  1. その場からすぐに離れる
  2. 傷口を洗う
  3. 傷口に薬を塗る
  4. 病院へ行く

大まかにはこの流れで対処しましょう。

 

その場からすぐに離れる

蜂に刺されてしまったらまずは、被害を最小限に抑えるためにも、
安全を確保することが大切です。

1匹に刺された場合でも、近くに巣があり、仲間がいる可能性があります。
蜂の毒には警報フェロモンの働きがあるため、仲間を呼び寄せてしまいます。

これだとたくさん集まってくる可能性があるので、
その場から20m以上は離れるようにしましょう。

その際、激しく騒いで逃げるのではなく、
蜂を刺激しないように静かに逃げるようにしましょう。

 

傷口を洗う

刺した蜂がみつ蜂だった場合、
傷口に針が残ったままになっていることがあります。

これは無理矢理指で抜くのではなく、毛抜きなどで抜くのがおすすめです。
ない場合は、硬い紙のようなもので払うようにすると取り除くことができます。

その後、流水で患部を洗い流します。

血と毒を出すように、傷口を絞りながら洗うと効果的です。

この時注意したいのが、口で吸い出すことです。
やりがちですが、これは蜂の毒を口に入れてしまうので、おすすめはできません。

スポンサードリンク

洗った後は、患部を冷やしましょう。

 

傷口に薬を塗る

患部を冷やす際に、一緒に行いたいのが薬を塗ることです。

抗ヒスタミン剤、ステロイド軟膏がおすすめです。
市販薬にはこの成分が含まれているものが多いので、
薬局で購入することができます。

 

病院へ行く

ここまで説明してきたことは、あくまでも応急処置です。
その後はできるだけ病院へ行くことをおすすめします。

ショック症状が起きてしまうことも考えられます。
そうならないためにも、すぐに病院へ行きましょう。

何科へ行けば迷う場合は、皮膚科へ行きましょう。

 

スズメバチに刺されたらどうなるの?

 

スズメバチに刺された場合、基本的には上記と同じ処置をします。
ただ、スズメバチはみつ蜂と違い、非常に危険です。

年間で数十人はスズメバチに刺されて死亡しています。

これはアナフィラキシーショックというもので、
命に関わる激しいアレルギー反応のことをいいます。

「1回刺されたからリーチ!」

こんな言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、
2回刺されたからといって必ずアナフィラキシーショックが起きるわけではありません。

危険なことにかわりはないですが、
もし刺された場合はすみやかに医療機関を受診しましょう。

アナフィラキシーショックは刺されてから15分以内いに起こると言われています。
めまい、呼吸困難、じんましんなど急な症状が出た場合は、
救急車を呼ぶことも考えましょう。

 

蜂に刺されないためには?

 

蜂に刺されないためには”蜂を寄せ付けないこと”が重要です。

蜂は、

  • 黒いものを攻撃する
  • 花の香りや花柄によってくる
  • 甘い飲食物によってくる

という習性があるので、
これらに気をつけることはもちろん、
山や自然が多い場所などへ出かける時には、

  • 長袖、長ズボンで肌の露出を少なくする
  • 白っぽい服装をする
  • 花柄の服を着て自然が多い場所へ行かない
  • 髪の毛を出さないように帽子を着用する
  • ヘアスプレーや香水、匂いの強い化粧品を避ける
  • 殺虫剤、虫除けを携帯する
  • 単独行動はしない

などのことに注意するようにしましょう。

夏はいろんなところに出かけることが多くなります。
楽しく遊ぶためにも、身の安全は守るようにしましょう。

蜂に刺されないための準備をして、それでも刺されてしまった場合は、
焦らずに上記の処置で対処するようにしてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ