咳が夜になるとひどくなるのはなぜ?止まらない原因と対策について!

「ゴホッ、ゴホッ・・・」

昼間はなんともないのに、
夜になると急に咳がひどくなることがあります。

昼間も咳が出るなら風邪の疑いもありますが、
昼間は何もなく、夜だけなので一体何なのかわからない。

スポンサードリンク

咳が止まらないので眠れないこともあります。
なぜ夜になると咳がひどくなるのでしょうか?

咳を止めて夜に眠るために今回は、

  • 咳が夜にひどくなる原因は?
  • 咳が止まらない時の対策は?

これらのことについて見ていきましょう。

virus_seki

 

咳が夜にひどくなる原因は?

 

夜になると咳がひどくなるのには、

  • 副交感神経優位
  • 布団のダニ・ほこり
  • 寝る時の姿勢
  • 空気中のカビ

などの原因が考えられます。

 

副交感神経優位

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

簡単に説明すると、、
交感神経は日中に活動するために、
体を興奮状態にさせる神経です。

逆に副交感神経は体をリラックスさせる時に働く神経です。

夜になると自然と副交感神経が優位に働き、
リラックスできるのでぐっすりと眠ることができるのです。

ですが、副交感神経が働くと気管や気道が狭くなり過敏になることがあります。
このため、夜になると咳がひどくなるとされています。

 

布団のダニ・ほこり

寝るときに咳が止まらないというのは、
布団のダニ・ほこりが関係していることが考えられます。

布団にはダニがいっぱいいます。
それらを吸い込んでしまうと咳が出ることは十分にありえます。

 

寝る時の姿勢

寝る時に仰向けになって寝る人は
鼻水が喉に流れていくことがあります。

鼻水が喉に刺激を与えると咳が出てしまいます。

また、寝る時に口を開いて寝ると、
喉が乾燥して咳が出やすくなります。

空気中のカビ

空気中には目に見えない厄介なものとしてカビがあります。

乾燥を防ぐために使用している加湿器にカビが発生している、
掃除が行き届いていないなどの理由から、
カビが発生していることがあります。

スポンサードリンク

カビを吸い続けていると、
咳が止まらないどころかさらに悪化させてしまい、
病気になってしまう可能性もあります。

このように咳が止まらないのには様々な原因が考えられます。
これらをふまえて対策・対処法について見ていきましょう。

 

咳が止まらない時の対策は?

 

咳がずっと止まらないとしっかりと眠ることができなくなり、
寝不足になってしまい、次の日に支障をきたします。

そうならないために咳が止まらない時の対処法を確認しておきましょう。

  • 横向きに寝る
  • 温かい飲み物を飲む
  • 布団を清潔に!
  • 湿度に注意する
  • 鼻呼吸をする

などの方法で対策することができます。

 

横向きに寝る

副交感神経によって狭くなった気管は、
横向きに寝ることで広がりやすくなります。

また、この時、マスクをして寝るとより効果的です。
マスクをすることで、
喉の乾燥を防ぎ、ホコリなどを遮断することもできます。

 

温かい飲み物を飲む

水分を補給することは重要です。
この時に注意したいのが、冷たい飲み物を飲むことです。
冷たい飲み物は気管を刺激して、咳の原因となってしまいます。

温かい飲み物をゆっくりと飲むことで、
蒸気で喉を加湿することができ、咳が止まります。

効果的な飲み物として、”はちみつ”があります。
はちみつにはせきどめシロップ並みの効果があるとされています。

 

布団を清潔に!

布団のダニが咳の原因となっていることもあります。
なので、布団や枕はできるだけ清潔に保ちましょう。

こまめに取り替えることで、
安心して眠ることができます。

 

湿度に注意する

部屋は乾燥しすぎないように注意しましょう。
喉には湿度60~80%ぐらいが優しいとされています。

加湿器がない場合は、
濡れたタオルを部屋にかけておくと効果的です。

 

鼻呼吸をする

口呼吸は喉が乾燥しやすくなります。
それを防ぐためにも、鼻呼吸をしてみましょう。

 

咳が止まらないととてもつらいものです。
薬に頼る前にこれらの方法を試してみてくださいね(^^)

ただ、これらの方法を試してみたけど、
あまりにも咳が止まらないという場合は、病院へ行きましょう。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ