お風呂掃除は重曹とクエン酸が効果的?簡単な掃除方法は?

毎日使うけどすぐに汚れてしまうのが「お風呂」です。

毎日使うお風呂だからキレイにしておきたいけど、
キレイにする掃除がかなりめんどくさいところです(笑)

放っておくと汚くなる一方なので、掃除はしなければなりません。
ですが、頑固な汚れをやっとの思いで落としてもすぐに汚れてしまう・・・

スポンサードリンク

掃除が大変だー、もうイヤだーと思うこともあると思います。
今回は、そんな大変なお風呂掃除を少しでも楽にできるように、

  • 重曹を使ったお風呂掃除の方法とその効果
  • お風呂掃除でのクエン酸の効果は?
  • カビを予防する簡単な方法とキレイに掃除する方法

これらのことについて見ていきましょう。

souji_ofuro

 

重曹を使ったお風呂掃除の方法とその効果

 

代表的なお風呂の汚れに”垢”と”カビ”があります。
こうした汚れを落とすのに、重曹が効果的です。

重曹の効果には研磨作用・消臭効果があります。
油汚れや手垢・湯垢などの汚れを落とすことができます。

また、洗剤と違い肌にも優しく、手荒れを防ぐこともできます。

重曹を使う時には、

  • 直接粉を振りかける
  • 水に溶かして使う
  • ペーストにして使う

といった方法があります。

 

直接粉を振りかける

これはそのままですが、
汚れが目立つ部分に直接粉をふりかけます。
ふりかけてブラシでこすれば汚れが落ちます。

また、排水口のぬめりを防止することもできます。
排水口の髪の毛を取り除いた後、重曹をまいておくとぬめりがなくなります。

 

水に溶かして使う

重曹大さじ2(約10ml)ほどを水カップ1(約200ml)に溶かします。
これを専用のボトルや霧吹きなどに入れ使うと便利です。

これをまいて約20分ほど放置した後、
タオルやブラシ・スポンジなどでこすると汚れを落としやすくなります。

スポンサードリンク

 

ペーストにして使う

重曹をペースト状にするためには、
重曹3に対して水1の割合で混ぜあわせます。

これは通常ではなかなか落ちにくい汚れがある時に便利です。
タイルの目地、蛇口、シャワーヘッドなどに効果的です。

浴室以外にも油汚れがある場合には有効です。

 

お風呂掃除でのクエン酸の効果は?

 

クエン酸は水垢や石鹸による垢を落とす場合に効果的です。
酸性で除菌効果もあります。

重曹がアルカリ性で皮脂汚れや湯垢を落とす効果があることに対して、
クエン酸は酸性で水垢を落とす効果があります。

重曹で掃除して汚れが残ってしまった場合に、
クエン酸を使うというのは効果的な掃除方法です。

クエン酸を使う時は、
水500mlにクエン酸小さじ2杯ほどを混ぜあわせて使います。

ただ、クエン酸を使う時に注意したいのが、
塩素系の洗剤と一緒には使うことができません。
有毒なガスが発生してしまいます。

これは要注意です。

 

カビを予防する簡単な方法とキレイに掃除する方法

 

浴室を掃除する時には一番気になるのはカビです。
まず予防として、浴室から出る時に床や壁に水をかけてから出ましょう。

シャワーの水で浴室の温度を下げることは、
カビの繁殖を予防するためにも効果的です。

それでもカビができた時には、重曹とクエン酸を使って掃除します。
汚れを落として、乾いたタオルでふき、水気をとります。

その後、カビ取り剤を吹きかけ半日ほど放置します。
時間が経過したら、ブラシなどでこすり、シャワーで流します。

掃除の業者やいろいろな掃除グッズなど、効果的なものも多いですが、
こうした方法でも十分にキレイになります。

あと、天井を掃除するときに便利なのが、クイックルワイパーです。
天井の高さにもよりますけど、
高くてなかなか届きにくいときなど簡単に掃除できて便利ですよ。
ぜひ試してみてください。

 

お風呂掃除はやる前はめんどくさいと感じるかもしれませんが、
やり始めてキレイになると楽しくなってきますよ(^^)

特に、汚れが落ちた時がなんとなく達成感がありますね(笑)

キレイになると楽しくなってくるので、お風呂掃除がんばりましょう!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ