9月の時候の挨拶はこれ!上旬・中旬・下旬での使い方と例

9月は暑い夏が終わりやっと涼しくなってくる季節です。

秋が日に日に近づくこの頃は、
急な気温の変化もあり体調を崩しやすい季節でもあります。

そんな季節にビジネス文書や手紙での挨拶をする時に
どのような言葉が必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

この時期にはこの時期に適した挨拶があります。

今回は、

  • 9月の時候の挨拶一覧
  • 9月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

これらのことについて見ていきましょう。

mushi_akatonbo

 

9月の時候の挨拶一覧

 

9月の時候の挨拶に使える季語として

  • 初秋の候
  • 新秋の候
  • 新涼の候
  • 白露の候
  • 爽秋の候
  • 涼風の候
  • 秋晴の候
  • 秋冷の候
  • 孟秋の候

これらがあります。
この時、「候」ではなく「みぎり」とすることも可能です。

 

9月上旬の時候の挨拶

  • 9月に入ったとはいえ残暑厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋の涼気がしだいに感じられる季節になりました。
  • 夕刻の涼が心地よく、すがすがしい実りの季節を迎えております。
  • すがすがしい秋風の吹く頃となり、快適な季節となってきました。
  • 9月とはいえ残暑が長引き、憂うつな気分になっております。
  • 夏の日差しも和らぎ、さわやかな季節となりました。
  • ほのかな秋の気配が感じられる季節となりました。
  • 日中はまだ暑さのなごりを感じますが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 新秋の涼が心地よい今日この頃、お変わりございませんか。
スポンサードリンク

 

9月中旬の時候の挨拶

  • 涼やかな秋風が本格的な秋を告げております。
  • 長雨が続き、秋の深まりを感じております。
  • 空もようやく秋色を帯びてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 虫の声に秋の風情を感じる今日この頃でございます。
  • 秋の七草が風に揺れる頃となりましたが、お元気でしょうか。
  • 秋風がさわやかな季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

9月下旬の時候の挨拶

  • 例年になく雨の多い秋ですが、お変わりございませんでしょうか。
  • 肌寒さを感じる朝もあり、いよいよ本格的な秋のおとずれですね。
  • あの猛暑がうそのように秋風が心地よく感じられる今日この頃です。
  • 秋風も冷たく感じますが、皆様お変わりございませんか。
  • 実りの季節を迎えておりますが、お元気にお過ごしですか。
  • 例年にない厳しい暑さ、いかがおしのぎでしょうか。
  • 秋の行楽シーズンを迎え、心はずむ今日この頃です。
  • 秋の気配がいっそう濃くなってまいりましたが、つつがなくお過ごしでしょうか。
  • 灯火親しむ好季節となってまいりましたが、いかがお過ごしですか。

ここまで9月上旬、中旬、下旬のそれぞれの時期に適した挨拶の表現を見てきました。
これらを例にオリジナルの表現をするというのも1つの方法です。

 

9月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

 

9月の時候の挨拶を手紙で使うには、

  • 新秋の候、皆様には風邪など召されずお過ごしでしょうか。
  • 秋涼の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • 野分の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 仲秋のみぎり、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

などのように使います。
上記で紹介した例文よりも若干硬めの表現になるため、
ビジネス文書やかしこまった手紙などで有効な表現です。

この時期を表現するものとして、「暑さ」があります。
季節感を出したい場合にはこうした表現を使うのが有効です。

また、結びとして、

  • 残暑去り難く、くれぐれもご自愛ください。
  • 秋の気配が次第に濃くなり、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
  • 残暑もようやく衰え、皆様ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
  • いまだ暑さが残りますが、くれぐれもご無理なさらないようご自愛ください。

などの言葉でしめることができます。

季節感を意識しつつ、相手を気遣うことができるので参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ