10月の時候の挨拶はこれ!上旬・中旬・下旬での使い方と例

10月は読書の秋、スポーツの秋などの季節であり、
何かを行うのに適した気候です。

秋が深まってくるこの頃は、
夏と比べて気温が低くなり、体調を崩しやすい季節でもあります。

そんな季節にビジネス文書や手紙での挨拶をする時に
どのような季語を使い、挨拶文を考えればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

この時期にはこの時期に適した挨拶があります。

今回は、

  • 10月の時候の挨拶一覧
  • 10月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

これらのことについて見ていきましょう。

suzumushi

 

10月の時候の挨拶一覧

 

10月の時候の挨拶に使える季語として

  • 爽秋の候
  • 清秋の候
  • 秋麗の候
  • 秋涼の候
  • 仲秋の候
  • 錦秋の候
  • 秋雨の候
  • 夜長の候
  • 秋霜の候

これらがあります。
この時、「候」ではなく「みぎり」とすることも可能です。

 

10月上旬の時候の挨拶

  • 秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。
  • 行楽日和が続いていますが、どこかへお出かけになりましたか。
  • 秋の日差しが心地よく、すがすがしい実りの季節を迎えております。
  • 炎天はなく秋風の吹く頃となり、快適な季節となってきました。
  • 秋の長雨が続き、憂うつな気分になっております。
  • 秋晴れの日々が続き、さわやかな季節となりました。
  • 秋の気配が感じられる季節となりました。
  • 朝夕は肌寒さを感じるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか。
スポンサードリンク

 

10月中旬の時候の挨拶

  • 紅葉の便りが本格的な秋を告げております。
  • 寒さが次第につのり、秋の深まりを感じております。
  • 秋冷が肌身に染みるころ頃、いかがお過ごしでしょうか。
  • 虫の音を聞きながら秋の夜の風情を感じる今日この頃でございます。
  • 味覚の秋を迎えましたが、お元気でしょうか。
  • 収穫の秋を迎え、忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
  • 秋日和の好季節となりましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

10月下旬の時候の挨拶

  • 秋の長雨が続きますが、お変わりございませんでしょうか。
  • 美しく紅葉が色づき始め、いよいよ本格的な秋のおとずれですね。
  • すすきの穂が白く輝き、秋の風情を感じられる今日この頃です。
  • 街路樹も色づき始めましたが、皆様お変わりございませんか。
  • 食を楽しめる季節を迎えておりますが、お元気にお過ごしですか。
  • 日に日に秋が深まるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋の夜長になんとなくもの寂しさを覚える今日この頃です。
  • 木々の葉も少しずつ色づき始めましたが、つつがなくお過ごしでしょうか。
  • 紅葉の美しい季節となってまいりましたが、いかがお過ごしですか。

ここまで10月上旬、中旬、下旬のそれぞれの時期に適した挨拶の表現を見てきました。
これらを例にオリジナルの表現をすると、
あなた独自の感性も表現することができ、素敵な挨拶文ができます。

 

10月の時候の挨拶の手紙などでの使い方

 

10月の時候の挨拶を手紙で使うには、

  • 錦秋の候、皆様には風邪など召されずお過ごしでしょうか。
  • 実りの秋となり、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • さわやかな秋晴れの頃、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 日増しに秋も深まり、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

などのように使います。
上記で紹介した例文よりも若干硬めの表現になるため、
ビジネス文書やかしこまった手紙などで有効な表現です。

この時期を表現するものとして、「暑さ」があります。
季節感を出したい場合にはこうした表現を使うのが有効です。

また、結びとして、

  • 日毎に秋冷の加わる頃、くれぐれもご自愛ください。
  • 秋も深まり、そろそろ冷え込んで参りました。お体にお気を付けください。
  • 皆様お元気で味覚の秋、行楽の秋をお楽しみください。
  • 冷気もいよいよ加わってまいりましたが、くれぐれもご無理なさらないようご自愛ください。

などの言葉でしめることができます。

季節感を意識しつつ、相手を気遣うことができるので参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ