鼻の角栓ができる原因は?除去・ケアの方法について

鼻の角栓は気になってしまうものです。
「あ~、無理矢理取ってしまいたい!」
と思うかもしれませんが、無理に取るのはダメですよ。

スポンサードリンク

キレイな鼻になるためにはそれなりのケアの方法があります。

黒ずんだ毛穴にならないためにも今回は、

  • 角栓ができる原因は何なの?
  • やってはいけない鼻の角栓の間違ったケアはコレ!
  • 鼻の角栓を除去する方法とできなくするためには?

これらのことについて見ていきましょう。

biyou_tsurutsuru

 

角栓ができる原因は何なの?

 

そもそも角栓とは皮脂と角質が混ざってできたものです。
毛穴に詰まった白いブツブツのような固まりがこれです。
鼻にできたのを見たことがあると思います。

こんなものできてもまったく気にならない、
また、全然できないという人もいます。
一方でこの角栓に常に悩まされている人もいます。

この違いは一体何なのでしょうか?

角栓ができるのにはやはり原因があります。

角栓の原因は油脂です。
オイリー肌で皮脂が多い人も角栓ができやすいのですが、
それよりも油脂が大きな原因として考えられます。

じゃあ、この油脂はなぜできるのかというと、
女性なら誰もが使うファンデーションなどの油性化粧品です。

この油性化粧品が肌に残ると、
油脂が皮脂や角質と混ざり酸化し、角栓ができてしまうのです。

なので、化粧(メイク)は落とすことが大切なのです。

帰宅してからお風呂に入ることはメイクを落とすだけでなく、
軽く汗をかき、毛穴を開かせることができます。
そうすることで毛穴に角栓が詰まりにくくなります。

洗顔後には化粧水などで保湿をすることも大切です。
洗顔、スキンケアはやりすぎはいけませんが、
不足しても角栓の原因となってしまいます。

 

やってはいけない鼻の角栓の間違ったケアはコレ!

 

角栓が気になってしまうので取り除こうとする時に、
やってはいけないことがあります。

スポンサードリンク
  • 毛穴パック
  • 指で無理矢理押し出す
  • ブラシでかき出す
  • 毛抜きのピンセットで抜く

なんとなくわかりそうですが、見ていきましょう。

 

毛穴パック

皮膚がむけて傷ついてしまうことがあります。
また、使用後に保湿をしないと肌が乾燥しやすくなります。

刺激が強いものもあり、肌が弱い人には向いていません。

 

指で無理矢理押し出す

指で軽く出してとれるなら問題ありません。
ですが、爪で無理矢理とるのは肌を傷つけてしまいます。

 

ブラシでかき出す

ブラシで毛穴の奥からかき出すようなイメージで、
鼻をこすると肌を傷つけてしまいます。

指と同様に軽くやってとれるなら問題ありません。

 

毛抜きのピンセットで抜く

肌を傷つけないように角栓だけを取り除くことができれば問題ありません。
ただ、大きなピンセットを使うと皮膚を傷つけてしまうことがあるので、
注意が必要です。

どの方法も適切なやり方をすれば問題はありません。
また、重要なのは取り除いた後、保湿をすることです。

 

鼻の角栓を除去する方法とできなくするためには?

 

鼻の角栓をできなくするために、

  • 洗顔フォーム
  • オイルマッサージ

これらのことに気をつけることが必要です。

 

洗顔フォーム

洗顔フォームには弱酸性のものが多くあります。

ですが、肌の汚れや余計な角質を除去するには、
弱アルカリ性が効果的なのです。

弾力のある泡ができれば、毛穴の汚れを落とすことができます。

肌と同じ弱酸性がいいと考えがちですが、
洗浄力という意味では弱アルカリ性のほうがおすすめです。

 

オイルマッサージ

ベビーオイルやオリーブオイルで、
角栓の気になるところをマッサージします。

角栓が手に取れたら、オイルを拭き取ります。
この時、力をいれすぎないようにするのがポイントです。

 

こうしたことも角栓をできなくするためにはおすすめなのですが、
やはり普段からのケアが大切になってきます。

  • 洗顔はぬるま湯で泡をしっかり立ててする
  • メイクは落としてから寝る
  • お風呂はお湯に使って汗をかく
  • 保湿をしっかりする

これらのことを日頃から心がけることで角栓に悩まされない美肌を作ることができます。
たまにケアする時にここまでお伝えしたことを取り入れてもらえば、
より効果的です。

これで角栓が気にならない美肌を作りましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ