白菜の保存方法は?長持ちさせるためにはコレ!

鍋などに入れる白菜。
寒い季節には特に食べる機会が多くなりますよね^_^

どんな味付けのスープにも合うので、
使いやすさも魅力的です。

スポンサードリンク

 

「安かったからたくさん買っちゃった!」

ということもありがちですが、
白菜は大きいので使い切れないこともあります。

そこで今回は、

  • まるごとそのまま保存できるの?
  • カットした白菜の保存は?
  • 常温・冷蔵・冷凍それぞれの保存方法

これらのことについて見ていきましょう。

hakusai

 

まるごとそのまま保存できるの?

 

白菜は11~2月頃の冬の時期のものと、
3~10月頃の夏の時期のものがあります。

夏に出回っている白菜は傷みやすいので保存には適していません。
買ったらすぐに食べることが適切です。

なので、まとめ買いをしてあまったものは
そのまままるごと保存するということはやめておきましょう。

まるごとだと冷蔵庫には入れることができないことがあるので、
冷暗所があればいいのですが、常温保存になってしまうことが多いです。
それでは保存に適していないのでやめておきましょう。

スポンサードリンク

冬の時期の白菜は、
芯の部分に切り込みを入れて、濡らした新聞紙を挟んでラップを巻きます。
そうすることで乾燥を防ぎ長期間保存することができます。

また、この時さらに美味しく食べるための一工夫として、
白菜を1~2日天気の良い日に干すという方法があります。
外側は乾燥してしまいますが、その後に保存すると甘みが増して美味しくなります。

 

カットした白菜の保存は?

 

スーパーにある半分や4分の1サイズのカット白菜は、
カットしてある断面が傷みやすいです。

なので、常温での保存は適していません。

冷蔵庫に入れることが大切です。
その際に、新聞紙で包み、立てていれることがおすすめです。

カット白菜は1~2週間ぐらいが保存期間の目安です。
なるべく早く食べるようにしましょう。

 

常温・冷蔵・冷凍それぞれの保存方法

 

保存方法のまとめになります。

常温保存は夏の白菜ではできません。
冬は冷暗所などですることをおすすめします。

冷蔵保存は
カットした白菜は1~2週間、
カットされてない白菜は3週間ほど保存できます。

また、冷凍するという保存方法もあります。
よく洗って水気をとってラップやパックで密閉して冷凍庫で保存します。
この方法では1ヶ月ぐらい保存することができます。

保存期間はあくまでも目安です。

  • 変な臭いがする
  • 色が黒ずんでいる
  • 味がすっぱい

などの状態のときは食べることはやめましょう。
これらの保存方法を参考にして安全に食べてくださいね(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ