乳首が痛い!原因は一体何なの?

「乳首が痛いんだけどこれって何かの病気なの?」

なんとなく痛みが出ると不安になりますよね?
しかも人には言いにくい悩みでもあります。

スポンサードリンク

 

⇒ちくびがかゆい場合はこちら

時期や年代によっても痛みの原因は異なりますし、
場合によっては病気の可能性もあります。

そこで今回は、

乳首の痛みの原因
について見ていきましょう。

kinchou_woman

乳首が痛い原因には、

  • 成長痛
  • 生理前
  • 炎症
  • 更年期
  • 病気

などが考えられます。

 

成長痛

10代の思春期に乳首が痛いのは成長痛が考えられます。
体の成長に伴いホルモンバランスが変化していきます。
すると胸の発育とともに痛みが発生することがあるのです。

こうしてみると女性だけのことかと思いますが、
男性にも成長期に乳首の痛みが発生することがあります。

男性ホルモンだけでなく女性ホルモンも増えるので、
それに伴い痛みが発生するのです。

 

生理前

20~30代になると、
生理前に乳首の痛みが出ることがあります。

これはホルモンバランスによる痛みです。
ストレスを抱えることも関係しているのでホルモン異常を引き起こします。

妊娠前後にもこうした痛みが発生することがありますが、
これも同様にホルモンバランスの変化によるものです。

痛みがおさまるまで耐えるしかありません。
ホルモンのリズムが崩れると痛みが強く出たりするので、
心身ともになんとなく調子が悪いなと感じる時は注意してください。

スポンサードリンク

 

炎症

乳首がケガや乾燥などで傷がつくと炎症を起こします。
すると痛みが発生します。
これは男性・女性問わず起こることです。

ただのケガだからほっておけばいいやと油断すると、
化膿してしまうことがあります。

化膿止めを塗るなどケアをしましょう。

乾燥の対策としてはクリームなどを塗ることをおすすめします。

 

更年期

40代半ば~50代半ばのぐらいの時期は閉経を迎える時期です。
この時期は体調が変化しやすいです。

体調が変化しやすいのでホルモンバランスの乱れも生じます。
すると乳首の痛みも症状の1つとして発生します。

他にも、めまい、のぼせ、うつ状態などの症状も出ることがあります。

 

病気

ここまで見てきた原因はホルモンバランスによるものが大半です。
ですが、それらとは別に病気の症状も中にはあります。

  • 乳腺炎
  • 乳がん
  • バジェット病

これらの病気の可能性も考えられます。

乳首が痛くて、しこりがあるという場合は要注意です。

「しこりがあるから乳がんだ。」

と決まったわけではありません。
全てが病気というわけではないので、焦って判断しないでください。
良性と悪性のものがあるので、必ず乳がんというわけではありません。

自分で触ってなんか変だと感じた場合は、
乳腺外科のある病院へ行きましょう。

 

触って何もなくても、ずっと痛い、違和感があると感じた場合は、
病院へ行くことをおすすめします。

ずっと不安を抱えたままだとそれがストレスになり、
精神的にもよくありません。

不安を抱えないためにも、
痛みがなくても定期的に乳がん検診はうけておいたほうが良さそうですね!

⇒ちくびのかゆみの原因と対処はこちら

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ