GDPとは?子供にもわかるようにわかりやすく簡単に!

「GDPが上方修正され・・・」

ニュースでよく耳にするGDP。
なんとなくはわかるかもしれませんが、
本当にわかっているかと言われるとあやしいという人も多いはずです(笑)

スポンサードリンク

 

自分だけならまだしも、子供に聞かれたりすると、
ドキッとする人も多いのではないでしょうか?

子供:「ねぇー、GDPってなーに?」

親:「そんなことは知らないでいいの!」

これでは子供のためにもならないし、
ヘタしたら信頼を失ってしまうかもしれません。

そうならないためにも今回は、

  • GDPとは?
  • 子供にわかりやすく簡単に説明する例
  • GDPが上がるとどうなるの?
  • 名目?実質?

これらのことについて抑えておきましょう。

money_bag_yen

 

GDPとは?

 

まずはGDPとは何かを確認しておきましょう。
GDPとは国内総生産のことです。

Gross(全体、総)、Domestic(国内)、Product(生産)
これらの頭文字をとってGDPです。

国内全体で産み出されたもの=国内総生産ということです。
日本人、外人問わず、日本国内で稼いだら日本のGDPとなります。

日本人が海外で働いた場合は、国民総生産(GNP)に含まれます。

GNPはGross(全体、総)、National(国民)、Product(生産)の頭文字で、
国内、国外問わず日本人が産みだした総額のことを表します。

簡単にまとめると、「国内」ならGDP、「国民」ならGNPということです。

 

子供にわかりやすく簡単に説明する例

 

ここまでは辞書的な意味も含めてのGDPを見てきました。

では、GDPとは何なのか例を挙げて見てみましょう。

例えば、スーパーで1本100円のジュースを買いました。
このジュースは作ったり、仕入れたりなど売るために50円かかったとします。
(この数字は例です)

この時、スーパーは50円儲かりました(利益)。
これがGDPの正体です。

「スーパーの店員さんが一生懸命働いたのでスーパーが儲かりました^^」

超簡単に説明するとこういうことです。

お父さんが働く会社、お菓子を作る会社、工場、農家、・・・など、
日本で働く全ての人がGDPを担っているということです。

スポンサードリンク

このようにお金を産み出していることがGDPの数字に表れるのです。

 

GDPが上がるとどうなるの?

 

GDPが上がるとどうなるのでしょうか?

例えば、めちゃくちゃ美味しいチョコレートを作ったとします。
名づけてスペシャルチョコ(笑)

このスペシャルチョコが飛ぶように売れたします。
売れるということはお客さんがたくさんきます。

売り切れにならないようにどんどん作ります。
作る数がたくさんなので、作る人もたくさん必要です。
作る人を増やす必要があります(雇用の増加)。

売上が上がる→雇用が増える→給料が増える→消費が増える

これがGDPが上がるということであり、
この流れができると景気がよくなります。

反対に、マイナスGDPとはこの逆で成長していないということです。

ここではおもいっきり単純化したので、
あくまでも理想であり、こうであればいいねという話です。

 

名目?実質?

 

名目GDP、実質GDPという言葉を聞いたことがあると思います。

先ほどのスペシャルチョコを例にすると、
1個100円のスペシャルチョコを100個売ったら、
100×100=10000となり10000円の利益となります。

次の年には、
1個110円のスペシャルチョコを110個売ったら、
12100円の利益となりました。

この時、前年と比較して、2100円の増加です。
この増加分が名目GDPです。(実際は%で表示されます)

金額も数も違うけど、単純にどれぐらいの変化があったのかを表します。

一方で、実質GDPは、金額を揃えて考えます。

1個100円のスペシャルチョコを100個売ったら、
10000円の利益となります。

次の年には、
本当は値上がりしているけどスペシャルチョコを1個100円として、
110個売ったら、11000円の利益となりました。

この時、前年と比較して、1000円の増加です。
この増加分が実質GDPです。(実際は%で表示されます)

なぜこのようにするかというと、
消費税増税などで物価が上昇するからです。
以前と比較して値上がりしたものとかありますよね?

そうしたものを比較するためにこのような考え方をするということです。

これらをふまえると、
GDPが上がったー!景気がいいぞー!
とは簡単に判断できないんですね。

かなり単純化して説明してきたので、
実際はもう少し複雑なので多少の戸惑いはあるかもしれません。
ですが、基本的な考え方はこの通りなので参考にしてみてください(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ