「お疲れ様です」は目上の人にはダメ?「ご苦労様です」との違いと使い方

「お疲れ様です。」
「ご苦労様です。」

会社で人とすれ違った時など、
人とのコミュニケーションの言葉としてよく使う言葉の1つです。

ですが、この”お疲れ様”、”ご苦労様”という言葉の正確な使い方って知っていますか?

スポンサードリンク

 

普段何気なく使っている言葉ですが、
場合によっては間違って使っている可能性もあります。

それによって相手は気分を害してしまうかもしれません。

そうならないためにも今回は、

  • 「お疲れ様です」は目上の人に使ってはダメなの?
  • 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」との違いは何?
  • 「お疲れ様です」は社外の人にも使っていいの?

これらのことについて見ていきましょう。

message_otsukaresama

 

「お疲れ様です」は目上の人に使ってはダメなの?

 

「お疲れ様です」とは本来は疲れた人への敬い・気遣いの言葉です。

これはかなり使い勝手のいい言葉ですよね^^私もよく使っています。
一般的には、すれ違う人への軽いあいさつなどで使うことが多いと思います。

では、このすれ違う人が自分より先輩や上司など目上の人の場合は
この言葉は使ってはいけないのでしょうか?

結論から言うと、使っても全く問題ありません。

他にも、

  • 退社時
  • 電話やメールのあいさつ
  • 一仕事終えた時

など、使う場面は多岐にわたると思います。

私は以前先輩相手でも特に何も気にしないで使っていましたが、
「敬語って難しいね~。」と知人と話していた時に、
ふと「あれ?お疲れ様ですって正しい敬語なの?」と思って調べましたが、
特に問題はなく安心しました。

以前の私と同様に迷っているなら安心してくださいね(^^)

スポンサードリンク

 

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」との違いは何?

 

「お疲れ様です」と似たような言葉に「ご苦労様です」があります。

この言葉は要注意です!

「ご苦労様です」は基本的には目上の人に使うべきではない言葉です。
目上の人から目下の人へ使う言葉です。

間違っても自分の上司が一仕事終えた時に、
「ご苦労様です。」とは言わないようにしましょう。

「”お疲れ様です”は目上の人に言ってはダメ!」

ということを聞いたことがあるかもしれませんが、
それはおそらくこの2つの言葉が混ざって
どっちがどっちかわからなくなってしまったんだと思います。

「お疲れ様です」は誰にでも、
「ご苦労様です」は上から下へと覚えておきましょう。

 

「お疲れ様です」は社外の人にも使っていいの?

 

先ほど「お疲れ様です」は誰にでもいいとお伝えしましたが、
正しくは誰にでも使っていいわけではありません。

あくまでも会社員の場合は社内の人までということです。
簡単に言うと近いところまでということですね。

電話やメールのあいさつの冒頭で、
「お疲れ様です」と使うのは一般的です。

ただ、これは社内までにとどめておきましょう。

社外の人に電話やメールをする場合は、
「お世話になっております」が一般的です。

これは注意しましょう。

社外の人に失礼があるとあなただけではなく、
会社全体のイメージも悪くなってしまうことがあります。

そうならないためにも気をつけましょう。

 

敬語って難しいですよね(^^)
本当に日本語か!って思うようなものとかあります。
私も敬語の使い方が難しくてよく苦労してます(笑)

ですが、それよりも大切なのは使う態度ではないでしょうか?

正しい敬語を使っているからと言って、
態度悪く、口調もきつく言っては相手の気分を害してしまうだけです。

相手への敬意と心遣いがあって初めて敬語が生きてくると思います。

あくまでも言葉はコミュニケーションの1つです。

よいコミュニケーションをとるためにも敬語は大切ですが、
丁寧に話していて敬語が間違っている人には、
怒るのではなく、伸びしろがあると思って温かく見守ってあげましょう(^^)

スポンサードリンク

このページの先頭へ