ゲリラ豪雨の発生の仕組み、メカニズムは?

暑くなってきたら暑さに注意がいきます。
けど、忘れてはならないのがゲリラ豪雨です。

スポンサードリンク

images
ここ、数年で定番化したような大雨ですね。

こちらの映像を見てください。

↓↓↓↓↓↓↓

「見てみたい!」
って興味が湧く人もいるかもしれませんが、
いざ自分が経験するとなると大変なことだと思います。

 

ゲリラ豪雨とは?

 

突発的に発生し、局地的に激しく降る豪雨のことです。
広くても10キロ圏内ぐらいの狭い範囲で、長くても数時間ぐらいで止みます。

気象の世界では1960年代から”ゲリラ豪雨”という名前は使われていたが、
私達が聞くようになったのはここ数年のことです。

スポンサードリンク

 

ゲリラ豪雨が発生する仕組み、メカニズムは?

 

ゲリラ豪雨は新しい積乱雲が次々にできるときに発生します。
積乱雲は地面付近の気温が上昇して上空に寒気が流れ込むと発生します。

また、都市部でのヒートアイランド現象がゲリラ豪雨を起こす原因という研究もされています。
地球温暖化などの環境問題も原因の一種であります。

 

ゲリラ豪雨の対策

 

ゲリラ豪雨は梅雨の最後、台風の時期に発生することが多いです。
この時期は特に毎日天気予報を見ることは重要です。

できればインターネットなどで、数時間ごとの天気予報に気をつけることが大切です。
最新の天気予報を常に確認することで、
被害を最小限に抑えることができます。

土砂崩れしやすい場所、近づいてはいけない場所など、
自分が住んでいる場所の特性なども把握しておくことも重要です。

降ってきたら、もう濡れることは間違いないです!

その前に逃げ切れるように準備しておきましょう^^

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ