寒暖差アレルギーの症状とは?対策はどうすればいいの?

なんか鼻がムズムズする・・・。
鼻水、咳、くしゃみも出る。

風邪ひいて熱があるわけでもないし、
花粉症とか鼻炎なわけでもないのになんで?

スポンサードリンク

 

なぜか原因はわからないけど、このような症状が出るというのは
寒暖差アレルギーの可能性があります。

その名の通り温度差が激しい時などに発生するものですが、
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。

そこで今回は、

  • 寒暖差アレルギーとはどんな症状?花粉症との違いは?
  • 寒暖差アレルギーの治療法は?
  • 寒暖差アレルギーの予防・対策

これらのことについて見ていきましょう。

allergy_hanamizu

 

寒暖差アレルギーとはどんな症状?花粉症との違いは?

 

寒暖差アレルギーとは気温差が激しい時に発生するアレルギーのことです。

夏や冬に屋内から屋外へ移動すると温度の差が激しいですよね。
季節の変わり目なんかも同じです。

このような時に寒暖差アレルギーが発症しやすくなります。

寒暖差アレルギーの症状には、

  • 鼻水・鼻づまり
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • 精神不安定
  • 疲労感
  • かゆみ・じんましん

などがあります。

風邪に近い症状もあり、
自律神経の乱れから精神的にも症状が現れてくるのが特徴と言えます。

また、花粉症との違いは、目には異常がこないことです。
花粉症では目のかゆみや目が充血するということもありますが、
そうしたことはありません。

「寒暖差アレルギー」という名前ですが、
アレルギー物質によって引き起こされるものではないことも特徴です。

 

寒暖差アレルギーの治療法は?

 

寒暖差アレルギーはウイルス性の病気ではないので、
これ専用の治療・薬というものはありません。

ただ、アレルギー性鼻炎と同様に、
抗ヒスタミン薬や点鼻薬で対処することが一般的です。

スポンサードリンク

どうしても症状が強くて耐えられない場合は病院へ行きましょう。
その際は症状が強さに合わせて病院を選んでください。

例えば、鼻水がよく出るなら耳鼻科、
じんましんが強いなら皮膚科といったようにすることをおすすめします。

 

寒暖差アレルギーの予防・対策

 

寒暖差アレルギーには先ほどお伝えした通り特別な治療法がないため、
なるべく予防することが大切です。
予防対策のためには、

  • 衣類で温度差を調節
  • マスクをする
  • 筋力をつける
  • 自律神経を整える
  • 食生活の改善

これらの方法が簡単にできる対策です。

 

衣類で温度差を調節

寒暖差アレルギーは温度差が激しくなると発症します。
なので、温度差の変化を抑えることが予防のためには大切です。

1枚はおる上着を持ち歩く、簡単に脱げる服を着る、
ということが温度差の変化を少なくするために簡単にできる方法です。

 

マスクをする

寒い場所、乾燥する場所へ行くときはマスクをしましょう。
マスクは簡単にできる対策であり、効果的です。

 

筋力をつける

筋肉をつけて筋力アップすれば血行がよくなります。
血行がよくなると体が極端に冷えるということも少なくなります。

 

自律神経を整える

自律神経を整えることは寒暖差アレルギー対策のためには大切なことです。
そのためには、ぬるめのお風呂にゆっくり入浴するようにしましょう。

 

食生活の改善

あとは、当たり前のことですが、食生活は重要です。
体を温めるような食事が大切です。

にんにく、しょうが、香辛料などは体温を温めるためには効果的です。

あまりにも偏った食事、ジャンクフードばかりなどはやめておきましょう。

 

寒暖差アレルギーは一見すると風邪や花粉症のようなかんじがしますが、
こうしてみると全然違うことがわかります。

一般的には、この寒暖差アレルギーは女性のほうがなりやすいです。

なぜなら、女性のほうが男性よりも筋力が少ないからです。
体が冷えやすいというのも女性が多いことからわかると思います。

あくまでも傾向なので男性でも発症することはあります。
季節の変わり目など体調を崩しやすい時は特に注意しましょう(^^)

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ