腸内環境を改善するとアトピーは治るの?

いつも痒くてつらいアトピー。
1度掻きだしたら止まらないという人も多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

 

そんなアトピー性皮膚炎には、

  • 過剰なスキンケア
  • 偏った食生活
  • 不規則な睡眠
  • 運動不足

など様々な原因があります。
ですが、ここでは”腸内環境”について考えてみます。

body_chou_kin

 

腸内環境とアトピーの関係

 

キレイな肌を作る際に、皮膚は再生を繰り返し、
新しい細胞を作り出しています。

新しいキレイな皮膚を作るためには血液を必要とします。
その血液を作るために必要なのが腸内環境なのです。

腸内環境が乱れていては正常な血液を作ることができません。
それによって健康的な肌を作ることができなくなり、
アトピーを発症し、改善することができないということです。

 

腸内環境を改善するために必要なこと

 

「健康の基本は腸」
ということは聞いたことはありますか?

これは昔から言われていることです。
腸というのは体の健康の中心と言えるもので、
体のあらゆる健康を考える時に必要となってくるものです。

腸内環境の改善がアトピーに必要ということはこうしたことからもわかることです。

じゃあ、この腸内環境を改善するためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

簡単に言うと、

腸内に、”善玉菌”を増やすということです。
この善玉菌によって

スポンサードリンク
  • 脂質代謝の活性化
  • 消化、吸収、代謝の手助け
  • ホルモン、ビタミン
  • 有害物質の分解

などの効果があります。
これらは健康的な日常生活を送る上で必要なものです。
つまり、健康的な生活は善玉菌によって支えられているとも言えるということです。

 

アトピー治療のために腸内環境を整えるにはどうすればいいの?

 

腸内環境を改善して善玉菌を増やすことが
アトピーを治すためには必要なことと先ほどお伝えしました。

では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

  • 食物繊維を摂取する
  • 甘いものを控える

簡単にできるのはこの2つです。
それぞれ見ていきましょう。

 

食物繊維を摂取する

食物繊維を多く摂ることで腸内にビフィズス菌などの善玉菌を持つことができます。
ビフィズス菌によって悪玉菌は少なくなるということもあるので、
食物繊維を摂ることは腸内から毒を抜き、善玉菌を増やすことができるのです。

 

甘いものを控える

お菓子、チョコレート、ケーキ・・・など、
こういったものばかりを食べることは腸内環境が悪化します。

すると、便秘になりやすくなり、体内に毒素が蓄積され、
健康的な皮膚を作ることができなくなります。
それがアトピーにつながります。

「もう甘いものは一切食べない!」

と決めることが出来る人はそれでもいいですが、
私を含め、人は好きなものを簡単に断つことはなかなかできません。

なので、

  • 食べる量を少なくする
  • イベントの時にだけしっかり食べる(笑)

といった工夫をすることで乗り切ることをおすすめします。

毎日ずっと甘いものを食べていて、
薬を塗るだけでアトピーを治すということはおすすめできません。

体質改善はアトピー克服のためには必要なことであり、
避けられないことです。

そのために腸内環境をまずは見直すことが大切です。
アトピー改善のためにも腸内環境には気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ